주요 기사 바로가기

韓国政府が声明「北は判断を間違えるな…韓日米安保協力を一層強化」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2022.11.18 15:14
0
韓国政府が18日、北朝鮮の長距離弾道ミサイル(ICBM)挑発に関連して「政府は北朝鮮のいかなる挑発に対しても、直ちに報復できる圧倒的な対応能力と意志を持っている」とし、挑発行為を中断するよう促した。

政府はこの日午後に声明を出して北朝鮮のICBM発射に対して「国連安保理決議に対する明白な違反であり、韓半島(朝鮮半島)と領域内の緊張を高める重大な挑発」と糾弾した。

あわせて「国連安保理決議を通じて禁止された北朝鮮の核弾頭ミサイルプログラムに関連した一切の行為はいかなる理由であろうとも正当化することはできない」とし「政府は北朝鮮の挑発を容認することはなく、緊密な韓米共助を基に北朝鮮の挑発に対する責任を追及するために国連および国際社会と緊密に協力していき、韓日米安保協力を一層強化していく」と強調した。

政府は「北朝鮮のいかなる挑発に対しても直ちに報復できる圧倒的な対応能力と意志を持っていること、北朝鮮はこれを判断し間違えてしてはいけない」と警告した。

続いて「北朝鮮が持続的な挑発を通じて得られるものは何もなく、国際社会の対朝制裁は強化され続け、北朝鮮の国際的孤立は深刻化する」としながら「北朝鮮政権の誤った選択に伴う北朝鮮の経済難とどん底に落ちた民生はさらに悪化する」と強調した。

政府は改めて北朝鮮は挑発を直ちに中断し、国際社会が支持する「大胆な構想」に早く応じるよう促した。

韓国合同参謀本部はこの日午前10時15分ごろ、平壌順安(ピョンヤン・スナン)一帯から発射された長距離弾道ミサイル(ICBM)1発を確認したと明らかにした。この日発射された長距離弾道ミサイルの飛行距離は約1000キロメートル、高度は約6100キロメートル、速度は約マッハ22であることが探知された。

尹錫悦(ユン・ソクヨル)大統領はこの日国家安全保障会議(NSC)緊急常任委員会会議に出席して合同参謀本部から関連状況を報告受けた後、韓米連合防衛態勢を強化して韓米間で合意した対朝拡大抑止実行力強化を積極的に履行することと韓日米安保協力を強化していくことを指示した。また、米国および国際社会とともに国連安保理対応を含む強力な対朝糾弾と制裁を推進するよう指示した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    韓国政府が声明「北は判断を間違えるな…韓日米安保協力を一層強化」

    2022.11.18 15:14
    뉴스 메뉴 보기
    北朝鮮が2017年9月16日に朝鮮中央通信で公開した中距離弾道ミサイル(IRBM)「火星12」の発射シーン。
    TOP