주요 기사 바로가기

日本首相が緊急会見 「北朝鮮の弾道ミサイル、日本EEZ内落下の見込み」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2022.11.18 12:07
0
日本防衛省が、北朝鮮が18日10時14分ごろ朝鮮半島西岸付近からICBM級弾道ミサイル1発を東側に発射した、と明らかにした。

これを受け、アジア太平洋経済協力会議(APEC)首脳会議出席のためタイ・バンコクを訪問中の岸田文雄首相はこの日、緊急会見を開き、「北海道西側のわが国の排他的経済水域(EEZ)内に着弾したものと思われる」と伝えた。

日本海上保安庁も防衛省の情報を引用し、「午前11時20分ごろ、北海道渡島大島の西約210キロの地点に弾道ミサイルと推定される物体が落下したとみられる」と伝えた。

岸田首相は国民に迅速、正確な情報提供をするほか、航空機や船舶の安全確認を徹底し、不測の事態に備えて万全の態勢を取るよう指示した。

韓国軍の合同参謀本部もこの日午前、北朝鮮が東側に未詳の弾道ミサイルを発射したと発表した。北朝鮮が発射したミサイルは長距離弾道ミサイル(ICBM)と推定されるという。ミサイルの速度、高度などの諸元は軍当局が現在分析中だ。

北朝鮮は前日の17日午前10時48分ごろにも江原道元山(ウォンサン)一帯から東海(トンヘ、日本名・日本海)上に短距離弾道ミサイル(SRBM)1発を発射した。9日以来8日ぶりのミサイル発射だった。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    日本首相が緊急会見 「北朝鮮の弾道ミサイル、日本EEZ内落下の見込み」

    2022.11.18 12:07
    뉴스 메뉴 보기
    岸田文雄首相
    TOP