주요 기사 바로가기

「千万観客を祈る」フランシスコ教皇が応援した韓国映画

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2022.11.18 11:15
0
フランシスコ・ローマ教皇は16日(現地時間)、バチカン市国で行われた韓国映画『誕生』(原題)の試写会で、「千万観客を祈る」と明らかにした。

この日、ローマ教皇庁シノドスホールでは韓国カトリックの初の司祭である聖金大建(キム・デゴン、1821~1846)神父の一代記を題材にした映画『誕生』の試写会が行われた。このため、バチカンを訪問したパク・フンシク監督や俳優ユン・シユン、俳優ユン・ギョンホ、俳優イ・ムンシクなど俳優たちは教皇庁パウロ6世記念ホールでフランシスコ教皇を謁見した。

教皇は今回の個別謁見を斡旋した兪興植(ユ・フンシク)枢機卿から映画の企画意図を聞いた後、「韓国の偉大な芸術家たちが金大建神父に関する映画を作ったのが印象的」とし「私が皆さんの訪問で光栄を受けている」と話した。教皇は「映画を撮りながら、美しいキリスト人、人間として美しかった方の人生について研究と勉強をしたのは皆さんにとっても祝福だと思う」と述べた。

また、フランシスコ教皇は韓国に対する特別な愛情を表わし、「韓国人は笑顔を見せることができる民族で、その笑顔は化粧をたくさんした笑顔ではなく、数多くの困難の中で生まれた笑顔だ」と述べた。また「悲劇的な戦争の痛みの中でも勤勉な韓国人は仕事を手放さず、いつも笑いながらその仕事をしてきた」とし「皆さんの笑顔に感謝する」と話した。最後に「ハロウィン祭りの時、韓国の多くの若者が残念ながら命を失ったことを依然として胸に抱いている」として「犠牲者のために祈る」と話した。

教皇は同日、出席者一人ひとりと目を合わせて握手を交わし、祝福のメッセージを伝えた。映画『誕生』の関係者が興行に対する願いを語ると、教皇は「千万観客のために祈る」と話し、大きな拍手を受けた。

映画『誕生』は30日、韓国の劇場で公開される。韓国公開前にカトリックの本場であるバチカン市国で初めて試写会が開かれたのも異例だが、シノドスホールで試写会が行われたのも非常に特別だと主催側は伝えた。シノドスホールは枢機卿会議など教皇庁で最も重要な会議が開かれる場所だ。

観客席には、兪興植枢機卿や教皇庁長官および高位聖職者、多くの大使とローマに滞在中の司祭、修道者、平信徒など200人余りが参加し、盛況を博した。映画が終わった後には熱い拍手があふれ、外交官席からはイタリア語で「Viva chiesa Coreana!(韓国教会万歳)」と叫ばれたりもした。

教皇庁使徒座署名院最高裁判所次官のアンドレア・リパ司教は「韓国教会に対して映画化したことに感謝する」と伝え、「映画自体も素晴らしかった」と評価した。

映画『誕生』は朝鮮にカトリックとともに近代文物を伝えようとした金大建氏の生と死を扱った作品だ。韓国人として初めて司祭叙勲を受けた金大建神父は26歳の若さで殉教した。映画は宗教に重きを置くよりは、朝鮮の近代を切り開いた時代の先覚者、金大建神父の人生に焦点を当てて物語を描く。パク・フンシク監督は「若者たちに慰労と勇気を与えられる映画で、私たちが金大建神父を映画化した理由は、私たちの時代が金大建神父を必要とするため」と話した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    「千万観客を祈る」フランシスコ教皇が応援した韓国映画

    2022.11.18 11:15
    뉴스 메뉴 보기
    フランシスコ・ローマ教皇が16日(現地時間)、バチカン教皇庁で金大建神父の人生を扱った映画『誕生』制作チームに会い、主演俳優ユン・シユンさんからサインが入った映画ポスターを受けている。[写真 ミン映画社]
    TOP