주요 기사 바로가기

「慰安婦決議案」成立の主役、米ペロシ下院議長指導部から退く

ⓒ 中央日報日本語版2022.11.18 09:57
0
米民主党の指導者であるナンシー・ペロシ下院議長(82)が、民主党下院のナンバー1の座から退く。

17日(現地時間)、CNBCによると、ペロシ議長は同日の下院演説で、来年1月に開院する次の議会で党指導部選挙に出ず、評議員に戻る意向を明らかにした。

また「次期議会で党指導部選挙に再挑戦しない」とし「民主党議会を率いていく新しい世代の時間が来た。多くの人がこの重い責任を負う準備ができていることに感謝する」と述べた。

ペロシ氏は中間選挙のすべての投票結果が出るまで、自分の将来について発表する計画はないと述べた。また、最近、夫のポール・ペロシ氏がサンフランシスコの自宅で不審者から襲撃を受けた後、「私の今後の活動に影響を及ぼすだろう」と話した。

ペロシ氏は1987年に下院議員として初めて議会入りした。2003年に民主党下院院内代表に選出されて以来、20年間党を率いてきた。 2007~2011年に続いて2019年から現在まで計9年間下院議長を歴任した。2007年、ペロシ議長は米議会で日本軍慰安婦決議案が全会一致で可決されることに大きく貢献した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    「慰安婦決議案」成立の主役、米ペロシ下院議長指導部から退く

    2022.11.18 09:57
    뉴스 메뉴 보기
    板門店(パンムンジョム)を訪問したペロシ米下院議長[ツイッター]
    TOP