주요 기사 바로가기

FIFAのSNSを連日飾る孫興民…「元気にプレーを」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2022.11.15 13:05
0
孫興民(ソン・フンミン、30、トッテナム)は2022カタールワールドカップ(W杯)開幕を控えて予期していなかった悪材料にぶつかった。今月2日(日本時間)、マルセイユとの2022-23欧州サッカー連盟(UEFA)チャンピオンズリーグ グループリーグD組最終戦で相手選手とぶつかり、目の周囲を骨折した。

負傷直後は目も開かないほどだった。しかし4年間待ったW杯をあきらめることはできなかった。日程を操り上げて手術を受けた後、最終エントリーに名を連ねた。

孫興民の手術と回復状況は国内だけでなく海外のメディアも注目している。各メディアはトッテナムのコンテ監督の言葉を引用して選手の状態を詳細に伝え、孫興民が黒縁の眼鏡をかけて姿を見せた13日には「孫興民が笑顔で帰ってきた」と報じた。

このように関心を集める孫興民の存在感は、W杯を主管する国際サッカー連盟(FIFA)の公式チャンネルにも表れている。FIFAは連日、孫興民の写真と名前が入った掲示文を載せ、カムバックドラマを期待する表情だ。

まずFIFAは14日、SNSで大会開幕「D-7」を迎えて「背番号7」の現役およびレジェンド選手を整理した。この掲示物で孫興民は、ビッド・ベッカム(イングランド)、クリスティアーノ・ロナウド(ポルトガル)、アレッサンドロ・デル・ピエロ(イタリア)、ケビン・デ・ブライネ(ベルギー)、ダビッド・ビジャ(スペイン)、ディディエ・デシャン(フランス)、イバン・ラキティッチ(クロアチア)と共に紹介された。ベッカムとデルピエロは世界サッカーのレジェンドであり、ロナウドとデ・ブライネらは現役のスターだ。

孫興民の名前は翌日の15日にも言及された。FIFAは孫興民とサディオ・マネ、アレクサンドル・ミトロビッチ 、アルフォンゾ・デイビスの顔を並べ、「彼らがカタールで元気に最善を尽くしてプレーすることを願う」と伝えた。

マネ、ミトロビッチ、デイビスは孫興民と同じくW杯を控えてけがをしたという共通点がある。しかし彼らは共に今大会の最終エントリーに含まれ、サッカーファンの応援を受けている。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    FIFAのSNSを連日飾る孫興民…「元気にプレーを」

    2022.11.15 13:05
    뉴스 메뉴 보기
    FIFAは15日(日本時間)、公式SNSで孫興民(左)の快癒を祈願した。
    TOP