주요 기사 바로가기

<サッカー>カタールに向かう韓国代表…荷物3トン立体輸送作戦

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2022.11.14 11:06
0
カタールワールドカップ(W杯)本大会の舞台に挑戦するサッカー韓国代表の旅程が始まった。出国直前に取材陣の前に立ったパウロ・ベント監督(ポルトガル)は24日午後10時キックオフのウルグアイ代表との初戦までベストラインナップ構成していくという青写真を明らかにした。

韓国代表チームの本陣は14日午前0時25分に仁川(インチョン)国際空港を出発してW杯の決戦地ドーハに向かう。出国前に取材陣と会ったベント監督は「主軸選手のけがが多いが、与えられた環境の中でベストの戦力を構成するのが私の任務」とし「ウルグアイ戦を控えて最高のコンディションの選手たちでラインナップを構成する」と述べた。

韓国代表チームは本大会の開幕を控え、主軸選手のコンディションに対する懸念が続いている。主将兼エースの孫興民(ソン・フンミン、トッテナム)が顔面骨折で手術を受け、FW黄儀助(ファン・ウィジョ、オリンピアコス)と黄喜燦(ファン・ヒチャン、ウルバーハンプトン)は所属チーム内のポジション争いに苦戦している。

ベント監督は「いくつかの理由で一部の選手は所属チームの試合に出場できていないが、それが深刻な問題とは考えていない」とし「最適な解決策を見つけだす。まずは現地に無事に到着した後、関連の分析を始める」と述べた。

4年間準備してきたW杯本大会の初戦を10日後に控えたベント監督は「楽しむ気持ちで挑戦して最高の結果を出す」とし「これまで応援してくれたファンに誇らしく幸せな結果を送る」と覚悟を語った。

隣にいたDF金英権(キム・ヨングォン、蔚山)は「4年間、最善を尽くして準備してきた。16強という結果を必ず出したい」とし「W杯は常にDF選手に大きな負担がある舞台だ。しかしDF選手が力を合わせて無失点に抑えれば、ゴールを決める選手がたくさんいるので良い結果を期待できる」と強調した。

一方、本陣選手団は最高の競技力を維持するため計3トン近い荷物をカタール現地に空輸する。ユニホームや練習服を含めて装備だけで1.5トンにのぼる。医務チームは体外衝撃波治療装置、冷圧迫治療機器、空気圧治療装置などを含む専門医療装備0.5トンを現地に送る。このほか調理チームと分析チーム、選手団の個人荷物など1トンが追加された。

サッカー協会の関係者は「先月初めに練習装備、調理道具、衣類、治療装備など1.3トンの荷物を航空便でカタールに先に送った」とし「本陣と共に移動する荷物を含め、計4.3トンの各種装備が代表チームと共にカタール現地に向かう」と説明した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP