주요 기사 바로가기

W杯期間中「ワンナイトスタンド」に懲役7年も…カタール注意報

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2022.11.11 15:59
0
21日(韓国時間)に開幕する2022国際サッカー連盟(FIFA)カタールワールドカップ(W杯)期間、配偶者でない人と「ワンナイトスタンド」(一夜限りの性的関係)をして摘発されれば最大で懲役7年刑を受ける。

カタールはサッカーファンの便宜のために出発前のPCR陰性判定証明書の提出規定をなくし、マスク着用義務も解除したが、保守的な国であるだけに守らなければいけないことも多い。

海外メディアは6月、「カタールに来たサッカーファンが配偶者以外の人と性関係を持って摘発されれば最大で懲役7年刑になる」と警告した。これを受け、姓が異なるファンがカタールのホテル予約をキャンセルする事例もあった。ファミリーネームを共有する外国で姓が異なるカップルが同じ部屋を使用する場合、ワンナイトスタンドと疑われて処罰を受ける可能性があるからだ。

カタールW杯期間中には「酔い覚ましエリア」が別に設けられる。飲酒が許されないイスラム国家のカタールでW杯開催されることで生じた興味深い空間だ。

カタールは原則的に外国人を対象にホテル内の定められた場所に限り飲酒が可能だ。しかしW杯期間中には競技場の外に設置されたファンフェスティバルゾーンでも飲酒が認められる。FIFAは競技場近くにファンフェストを設けて、キックオフの3時間前から試合終了1時間後まで公式スポンサーのバドワイザーのビールを販売する。カタールでは公共場所での飲酒が理解されがたい文化であり、FIFAは酒に酔ったファンを「酔い覚ましエリア」に移動させて一般ファンと分離することにした。

またFIFAはW杯のため訪問する外国人観光客に対し「カタールに外国人服装規定はないが、旅行を台なしにしたくなければ規定に従うのが賢明」とし、半ズボンの着用を勧告した。FIFAは「まず男性は少なくとも膝の下まで隠れるズボンを着用しなければいけない。モスクに行ったり他のムスリムと共にすることがある場合は太ももと肩までは必ず隠れるようにするのがよい」と伝えた。

女性の場合はもう少し厳格だ。FIFAは「カタールで女性はプールや海辺を除いたすべてのところで常に身体を覆うのが原則」とし「外国人観光客もカタールに滞在する間はズボンや長いスカートの着用を考えなければいけない。素足やサンダルは困難な状況を招きかねない」と警告した。

一方、カタールW杯は21日から12月19日まで開催される。韓国代表は24日にウルグアイとグループリーグ第1戦、28日にガーナと第2戦、来月3日にポルトガルと第3戦を行う。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    W杯期間中「ワンナイトスタンド」に懲役7年も…カタール注意報

    2022.11.11 15:59
    뉴스 메뉴 보기
    カタールW杯のマスコット「ライーブ」。 写真=FIFA
    TOP