주요 기사 바로가기

「怪物ICBM」北の脅威強まるが…韓国軍の天弓・パトリオットは発射失敗(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2022.11.04 08:30
0
北朝鮮が3日、大陸間弾道ミサイル(ICBM)1発を短距離弾道ミサイル(SRBM)2発と混ぜて発射した。前日に休戦以降初めて北方限界線(NLL)南側の海上にミサイルを発射した北朝鮮は、翌日、米国本土を打撃できるICBMを取り出した。軍当局は「火星17型」(射程距離1万3000キロ以上)と推定した。韓米の戦略資産F35ステルス戦闘機など軍用機240機が動員された大規模な連合空中訓練(ビジラントストーム)が実施されている中でだ。

梨花女子大の朴元坤(パク・ウォンゴン)北朝鮮学科教授は「北が戦術核実戦能力を誇示しながら韓日米に同時に圧力を加えている」とし「韓米の強力な資産が動員された連合空中訓練状況であるにもかかわらずこのように緊張を高めるのは、打撃『能力』と撃つという『意志』を同時に見せるためだ」と述べた。

合同参謀本部によると、北朝鮮は3日午前7時40分ごろ平壌(ピョンヤン)順安(スンアン)一帯から東海(トンヘ、日本名・日本海)上にICBM1発を発射した。続いて午前8時39分ごろから平安南道价川市(ケチョンシ)一帯から東海上にSRBM2発を相次いで発射した。

北朝鮮が発射したICBMは約1920キロの高度で約760キロを飛行したと、韓米軍当局は把握した。速度はマッハ15(音速の15倍)程度だった。ミサイルは日本の排他的経済水域(EEZ)外側に落ちたことが分かった。

北朝鮮が発射したSRBM2発は約70キロの高度で約330キロ飛行したと、韓国軍の合同参謀本部は明らかにした。軍消息筋は「これらミサイルはやや離れた場所から発射されたが、2発のミサイルともに北が普段からミサイル標的に使う東海上の無人島アル島(咸鏡北道吉州郡)に向けて発射したと把握している」と話した。

◆「推進体分離後に非正常飛行」

ただ、軍当局は探知情報に基づき北朝鮮が発射した火星17型は失敗したと評価した。軍消息筋は「ミサイル発射以降、推進体2段分離まで終えたが、その後は正常に飛行しなかった」とし「速度も通常の水準(マッハ20程度)に達しなかった」と説明した。

この日、日本防衛省は当初、「ミサイルが日本上空を通過した」と誤って発表したことに関し「日本海上空でレーダー上(ミサイルが)消失したことが確認された」と釈明した。北朝鮮が発射したICBMが正常な弾道軌道を飛行しなかった可能性があるということだ。

火星17型は2020年10月10日に労働党創建75周年記念軍事パレードで初めて公開された後、西側専門家の間で「怪物ミサイル(monster missile)」と呼ばれた。移動式発射台(TEL)から発射できるICBMのうち世界で最も大きいからだ。

北朝鮮は韓国大統領選挙直後の3月16日に火星17型を発射したが、高度20キロ未満の初期段階で爆発した。その後、北朝鮮は3月24日にまたICBMを発射した後、翌日に「金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長の命令で新型ICBM『火星17型』を試験発射した」とし、写真と映像まで公開した。

しかし当時、軍当局はこうした北朝鮮の宣伝を虚偽とし、「北が実際に発射したミサイルは火星15型改良型」と評価した。これに関し政府関係者は「非現実的に見えるほど巨大な火星17型の開発が順調でないのかもしれない」と指摘した。

「怪物ICBM」北の脅威強まるが…韓国軍の天弓・パトリオットは発射失敗(2)

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    「怪物ICBM」北の脅威強まるが…韓国軍の天弓・パトリオットは発射失敗(1)

    2022.11.04 08:30
    뉴스 메뉴 보기
    3日、空軍は前日の「誘導弾射撃大会」でパトリオット(PAC-2)迎撃ミサイル1発を装備のエラーで発射できず、国産中距離誘導武器「天弓」が飛行中に爆発したと明らかにした。写真は先月27日に護国訓練の一環として「戦区弾道弾対応訓練」を実施した当時のパトリオット砲台。 写真=空軍
    TOP