주요 기사 바로가기

韓国のウェブトゥーン・資本に日本の監督…OTT時代、Kコンテンツの生き方(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2022.11.03 11:14
0
「OTT(オンライン動画サービス)時代で、『見せる時代』じゃないですか。この素材を最も限界なく表現できる人が必要だったので、日本の三池崇史監督に提案したら、3日後に『やる』という答えをもらいました。自分が一番得意な分野だが、どうやって知って連絡したんですかって」

韓国ドラマで初めて日本の監督を演出に起用した『コネクト』(原題)を来月Disney+オリジナルシリーズで公開するスタジオドラゴンCP(チーフプロデューサー)のソン・ジンソンさん(49)の話だ。

ホラー・スリラー・コメディなどジャンルを行き来しながら奇想天外な身体き損描写の鬼才と呼ばれてきた三池監督が『コネクト』で初めてドラマ演出に挑んだ。『コネクト』は、シン・デソン作家の同名のウェブトゥーン(2019~2020)が原作だ。片目を奪われたまま殺害された主人公がミステリーに復活し、自分の目を移植された人とつながり、復しゅうに乗り出す内容の残酷劇だ。俳優チョン・ヘイン、俳優コ・ギョンピョ、女優キム・ヘジュンが主演を演じ、スタジオドラゴンが共同制作を引き受けた。

この作品は計6話の中で第1・2話を先月釜山(プサン)国際映画祭で公開した。資本と原作IP(知的財産)は韓国作品で、外国監督と手を握ってグローバルOTTを通じて海外市場を攻略するということから、Kコンテンツの地平を広げた事例として注目される。Kコンテンツのクリエイター国籍が韓国の外に広がったという意味だ。CJ ENMが日本の是枝裕和監督の脚本・演出で作った韓国映画『ベイビー・ブローカー』に続いてだ。

24日、ソウル上岩洞(サンアムドン)で会ったソンさんは「海外クリエイターと手を組んだKコンテンツ企画が一層活発になる傾向」として「『コネクト』は企画段階から韓国を越えて『アジア・エクストリーム』を表現しようとした」と話した。アジア・エクストリームとは、2000年代初め英国のある独立配給会社がアジアのジャンル映画を欧州市場に紹介して前面に出したブランドで、韓国のパク・チャヌク、キム・ギドク、キム・ジウン、日本の三池崇史など表現強度の強い恐怖・スリラーが主となっている。『コネクト』は企画段階から欧米圏でファンダムが形成されてきたアジアジャンル物に対するこのようなイメージを市場開拓に活用しようとしたということだ。

ウェブトゥーン原作のtvNドラマ『キム秘書はいったい、なぜ?』『女神降臨』『甘くない女たち~付岩洞<プアムドン>の復讐者』などに参加してきたソンさんは、『コネクト』のウェブトゥーンを狙った理由として原作の世界観の拡張性を指摘した。また「身体部位が移植されたという状況だけでなく、この『コネクト』能力をどこまで拡張させていくのか絶えず話が続きそうだった」として「三池監督とシーズン1を手がけながらシーズン2の話も一緒に悩んだ。なぜこの時代に『コネクト』能力の子どもたちが誕生したのか根源的な質問を投げかけて話を拡張していった」と話した。

韓国のウェブトゥーン・資本に日本の監督…OTT時代、Kコンテンツの生き方(2)

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    韓国のウェブトゥーン・資本に日本の監督…OTT時代、Kコンテンツの生き方(1)

    2022.11.03 11:14
    뉴스 메뉴 보기
    ドラマ制作会社スタジオドラゴンのCPソン・ジンソンさんが企画したDisney+オリジナル『コネクト』は韓国ドラマで初めて日本人監督を起用して制作した。クォン・ヒョクジェ写真専門記者
    TOP