주요 기사 바로가기

南北分断後初めてNLL超えた…北朝鮮のミサイル、恐ろしい本心(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2022.11.03 07:48
0
北朝鮮が結局超えてはならない限度を超えた。2日午前、南北分断後初めて北方限界線(NLL)以南に弾道ミサイルを発射してだ。

韓国合同参謀本部によると、北朝鮮はこの日それぞれ異なる9カ所から同時多発的にミサイル挑発に出た。午前6時51分ごろ平安北道(ピョンアンブクド)の定州(チョンジュ)とピヒョン一帯から西海(黄海)上に短距離弾道ミサイル(SRBM)4発を、午前8時51分からは江原道元山(カンウォンド・ウォンサン)一帯から東海(日本名・日本海)上にSRBM3発をそれぞれ発射した。

特に北朝鮮が東海に発射した3発のうち1発は鬱陵島(ウルルンド)方向に飛んで行くのがとらえられ、一時鬱陵郡全域に空襲警報が発令された。軍関係者は「確認が必要だが鬱陵島の空襲警報は過去になかった」と明らかにした。韓国軍はこの日午後2時に空襲警報を警戒警報に引き下げ、午後10時にはこれも解除した。このミサイルはNLL南側26キロメートル、束草(ソクチョ)東側57キロメートル、鬱陵島北西側167キロメートルの公海上に落下した。領海基準線12カイリ(約22キロメートル)近くの公海上に落ちたが事実上韓国の領土・領海を狙ったものと変わらない。

 
続けて午前9時12分から午後1時55分まで再び咸鏡南道(ハムギョンナムド)の楽園(ナグウォン)、定平(チョンピョン)、新浦(シンポ)一帯から東海上に、平安南道(ピョンアンナムド)の温泉(オンチョン)、華進里(ファジンリ)と黄海南道(ファンヘナムド)クァイル一帯から西海上にSRBMと地対空ミサイルなど10発以上を混ぜて撃った。午後1時27分からは2018年の「9・19軍事合意」を破り江原道高城郡(カンウォンド・コソングン)一帯から東海NLL北方海上緩衝区域へ100発以上の砲射撃まで継続したことがとらえられた。韓国軍当局は「明白な9・19南北軍事合意違反」と明らかにした。その後午後4時30分ごろから40分ほどの間に6発の地対空ミサイルを咸鏡南道の宣徳(ソンドク)と新浦一帯から東海上に、平安南道のクァイルと温泉一帯から西海上にそれぞれ発射した。

尹錫悦(ユン・ソクヨル)大統領は2日午前、北朝鮮が北方限界線(NLL)以南に発射した弾道ミサイルに対応して緊急国家安全保障会議(NSC)を主宰し、「北朝鮮の挑発が明確な代償を払うよう厳正な対応を迅速に取るように」と指示した。尹大統領は北朝鮮の挑発を「分断後初めてNLLを侵して強行されたミサイルによる実質的領土侵害行為」と規定し、「韓国社会と韓米同盟を揺さぶろうとする北朝鮮のいかなる試みも通じないだろう」と強調した。尹大統領がNSCを主宰したのは5月の北朝鮮による大陸間弾道ミサイル(ICBM)発射以来2度目だ。

◇北朝鮮、ミサイル25発・砲撃100発で挑発

尹大統領は午後、フェイスブックで「韓国の国家哀悼期間中に強行された北朝鮮の挑発行為に深い怒りを感じる」と明らかにした。

この日軍当局は尹大統領の正面対応指示によりすぐF15K、KF16戦闘機を出撃させ、午前11時10分ごろから1時間以内にSLAM-ERなど空対地ミサイル3発をNLL北方の公海上に精密射撃した。軍関係者は「北朝鮮のミサイル着弾地域と相応した距離の公海上に精密射撃した」と話した。射程距離280キロメートルに達するSLAM-ERは長距離精密打撃が可能だ。束草(ソクチョ)上空から発射しても平壌(ピョンヤン)の指揮部や軍事施設を攻撃できる兵器であるため「北朝鮮の挑発に対する強力な警告」という見方が出ている。

◇「北朝鮮、韓米合同空中演習意識か」

それでも北朝鮮が挑発を自制するかは不透明だ。北朝鮮のこの日のミサイル挑発が、韓米がF35Bステルス戦闘機など米軍機100機など軍用機240機を動員して合同空中演習「ビジラントストーム」を行っている状況で起きたためだ。米海軍の原子力潜水艦「キーウェスト」も現在釜山(プサン)に停泊中だ。北朝鮮が過去韓米演習中には挑発を自制した過去と違いNLLまで超えてミサイルを撃った点で今回の挑発は非常な関心を引くほかない。北朝鮮は9月末にも原子力空母と原子力潜水艦を動員した韓米合同演習、韓米日対潜水艦戦訓練が実施された東海上に相次いでミサイルを発射した。

南北分断後初めてNLL超えた…北朝鮮のミサイル、恐ろしい本心(2)

関連記事

 

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    南北分断後初めてNLL超えた…北朝鮮のミサイル、恐ろしい本心(1)

    2022.11.03 07:48
    뉴스 메뉴 보기
    韓国合同参謀本部は2日、北朝鮮の北方限界線(NLL)以南ミサイル挑発に対応して空軍の戦闘機がNLL北側公海上に空対地ミサイル3発を発射したと明らかにした。写真はこの日実射撃に乗り出したF15K。[写真 空軍]
    TOP