주요 기사 바로가기

韓日米外務次官「北が核実験すれば前例ない対応」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2022.10.27 08:26
0
韓日米3カ国の外務次官協議が26日、日本で開かれ、北朝鮮が7回目の核実験を強行する場合、前例のない強い対応が必要だという意見で一致したと明らかにした。

趙賢東(チョ・ヒョンドン)外交部第1次官、森健良外務事務次官、ウェンディ・シャーマン国務副長官はこの日午前、東京の外務省飯倉公館で北朝鮮の核・ミサイル問題などに対する協力について議論した。

趙次官は協議後の共同記者会見で「北が攻勢的な核武力政策を採択し、核兵器使用の脅威を高めていく状況で、3カ国は緊密な連携を継続することで合意した」とし「特に北が7回目の核実験を断行する場合、前例のない強力な対応が必要だということに共感した」と明らかにした。続いて「最近の北のミサイル発射など一連の挑発は、韓半島(朝鮮半島)だけでなくインド太平洋地域の不安定性を大きく高めている」とし「政府は国民が安心して日常生活を送れるよう韓米連合防衛態勢と韓日米安保協力を通じて圧倒的な力量で対北抑止力を強化していく」と強調した。

シャーマン副長官も「北朝鮮がこの数週間に繰り返し弾道ミサイル発射と砲射撃をしたのは挑発的な軍事行動」とし「米国は同盟国の日本と韓国を防御するために核、通常兵器およびミサイル防衛を含む軍事能力を最大限に活用する」と述べた。続いて「北朝鮮は日本と韓国の安保に対する米国の約束が確実であることを理解する必要がある」と警告した。

森次官は「北朝鮮が核実験を含めて追加の挑発を敢行する場合、安保理を含む国連での対応などに3カ国がより一層緊密に連携することで一致した」と説明した。

この日、3カ国は北朝鮮との対話の意志があることを再確認した。趙次官は「北が非核化を決断して対話の場に出てくれば『大胆な構想』を通じて政治・経済的支援をすべてする」と述べた。シャーマン副長官も北朝鮮に追加の挑発を自制するよう要求しながら、米国は前提条件なく北朝鮮と対話をする準備ができているという点を強調した。

◆「台湾自衛保障のために韓国・日本と協力」

3カ国の外務次官はこの日の協議で、台湾海峡問題とウクライナ情勢などに協力して対応すると明らかにした。

シャーマン副長官は「私たちは台湾海峡の平和が必要だという点に同意した」とし「台湾の自衛を保障するために日本および韓国と協力する」と述べた。

森次官も「東シナ海・南シナ海情勢を含めて力による現状変更は容認できず、台湾海峡の平和と安定が重要だということで意見が一致した」と話した。また「ロシアがウクライナで核兵器使用を示唆しているのは極めて懸念される事態」と批判した後、「ウクライナが『ダーティーボム(汚い爆弾)』を使用する準備をしているというロシアの虚偽主張は認めないと(日米韓が)確認した」と強調した。

この日に開かれた韓日米外務次官協議は6月にソウルで開催されて以来4カ月ぶり。次の3カ国協議は来年1-3月中に米国で開かれる。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    韓日米外務次官「北が核実験すれば前例ない対応」

    2022.10.27 08:26
    뉴스 메뉴 보기
    趙賢東(チョ・ヒョンドン)外交部第1次官(左)、森健良外務事務次官、ウェンディ・シャーマン国務副長官(右)が26日午前、日本の飯倉公館で韓日米外務次官協議を行った。 写真=外交部
    TOP