주요 기사 바로가기

日本強制動員被害者キム・オクスンさん、死去…生存者10人

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2022.10.18 07:08
0
民族問題研究所は17日、日本による植民地時代の日本軍需会社に強制動員された勤労挺身隊被害者のキム・オクスンさん(93)が16日未明、亡くなったと発表した。

1929年、全羅北道群山(チョンラブクド・クンサン)で生まれた金さんは、国民学校6年生だった1945年4月、勤労挺身隊に動員され、戦犯企業である不二越の富山工場で働き、同年11月に帰国した。

これに先立って、勤労挺身隊の被害者は2003年富山地方裁判所に損害賠償訴訟を提起したが、韓日請求権協定を理由に敗訴判決を受けた。彼らは日本の最高裁判所に上告したが、2011年に棄却された。被害者たちは2013年、韓国裁判所に損害賠償訴訟を再び提起した。

キムさんは不二越を相手取って起こした訴訟をメディアの報道で接し、2015年4月から訴訟に参加してきた。

この事件は2019年1月18日、ソウル高裁で原告勝訴判決が下された後、不二越側が上告し、3年以上最高裁に係留されている。

金さんを含んで不二越を相手取って訴訟を起こした1~3回目の訴訟の原告(被害当事者)23人のうち13人が死亡した。

焼香所は、ソウル鍾路区敦化門路(チョンノグ・トンファムンロ)9カ12-2に設けられた。遺族の意思によって別途の葬儀手続きは行われない。埋葬地は故郷の群山だ。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP