주요 기사 바로가기

「挑発エスカレート」 北ミサイル未明急襲…日本「変則軌道か分析中」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2022.10.14 16:03
0
北朝鮮が14日未明、短距離弾道ミサイル(SRBM)を発射すると、日本政府は直ちに記者会見を開き、北朝鮮が挑発をエスカレートさせていると強く批判した。

共同通信、毎日新聞などによると、この日午前3時、浜田靖一防衛相は緊急記者会見を開き、午前1時47分ごろ北朝鮮が日本海上に少なくとも1発のSRBMを発射したとし、最高高度およそ50キロ、飛行距離およそ650キロと説明した。また、ミサイルは日本の排他的経済水域(EEZ)の外側に落下し、被害の情報はないと明らかにした。

浜田防衛相は今回のミサイルについて変則軌道の可能性に言及した。迎撃が困難な軌道で飛行した可能性が高いということだ。北朝鮮のミサイル挑発に関する報告を受けた岸田文雄首相は情報収集と分析を指示した。

◆浜田防衛相「挑発エスカレート、容認できない」

浜田防衛相は北京大使館ルートを通じて北朝鮮側に抗議したと明らかにし、「北朝鮮がかつてない高い頻度で、かつ、新たな態様でのミサイル発射を繰り返している。9月末からの短期間で8回目と、挑発を執拗かつ一方的にエスカレートさせている。断じて容認できない」と述べた。

NHKなど日本メディアによると、北朝鮮のミサイル挑発は北朝鮮が最近明らかにした巡航ミサイルを含めて今年27回目だ。NHKは最近の26回のミサイル挑発のうち22回が弾道ミサイル、3回が長距離巡航ミサイル、残り1回は弾道ミサイルの可能性がある挑発だと伝えた。

前例のない北朝鮮の挑発の背景に浜田防衛相は「北朝鮮の体制維持」を挙げた。浜田防衛相は「北朝鮮は累次にわたり米国の脅威に対抗して体制を維持するため、独自の核抑止力が必要であると主張しており、核兵器の運搬手段である弾道ミサイルの開発・運用能力向上に注力しているものと考えられる」と説明した。

13日に国会に出席した浜田防衛相は北朝鮮の核実験の可能性にも言及した。浜田防衛相は「北朝鮮は核兵器の小型化、弾頭化などをすでに実現しているものとみられる」とし「弾道ミサイルの発射兆候の早期把握や迎撃はより困難になっている」と懸念を表した。また、ミサイル発射拠点を攻撃できるように日本の「反撃能力」保有の必要性を強調した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    「挑発エスカレート」 北ミサイル未明急襲…日本「変則軌道か分析中」

    2022.10.14 16:03
    뉴스 메뉴 보기
    14日未明、北朝鮮のミサイル発射に関する記者会見をする浜田靖一防衛相 写真=日本防衛省 ツイッター
    TOP