주요 기사 바로가기

韓国与野党の「親日」論戦…「朝鮮は中から腐って滅びた」vs「李完用のような親日手先」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2022.10.11 13:45
0
韓国野党第一党の共に民主党は11日、李在明(イ・ジェミョン)代表の「親日国防」批判に反論した国民の力の鄭鎮碩(チョン・ジンソク)非常対策委員長の発言に対し、「典型的な植民史観の言葉」と強く批判した。

民主党の呉永煥(オ・ヨンファン)院内報道官はこの日、国政監査対策会議を終えた後、記者らに対し「鄭非常対策委員長の発言と認識は、日帝が朝鮮を侵略する当時に名分にした典型的な植民史観の言葉だ。今日の大韓民国でまたこのような言語が使われるとは思っていなかった」と述べた。

これに先立ち鄭非常対策委員長は自身のフェイスブックで、韓日米3カ国合同軍事訓練を批判した李代表に向けて「朝鮮はなぜ滅びたのか。日本軍の侵略で滅びたのか」とし「朝鮮は中から腐って崩れ、それで滅びた。日本は朝鮮王朝と戦争をしたことがない」とコメントした。続いて「日本は今日からノービザ観光客の入国を全面的に認める。関西空港から大阪に入る韓国の若者が『日本と海上訓練をすれば旭日旗を掲げた日本軍が我々の領土に進駐する。旧韓末のような状況が生じる』という(李代表の)主張に果たして共感するだろうか」と反問した。

 
呉院内報道官は「帝国主義を正当化した李完用(イ・ワンヨン)のような親日手先が説明した内容を与党の口から聞くことになるとは想像もしていなかった」とし「日本自衛隊でなく日本海軍という表現に抗議もできない与党の姿から、日本の平和憲法改正に同意するのではないかという懸念も出てくる」と話した。

また「わが政府が率先して韓日米の三角軍事同盟に進もうという意図なのか明明白白にしなければいけない」とし「大韓民国が下位互換に転落しないかという国民の憂慮を決して軽く考えてはいけない」と主張した。さらに「政府は北との戦争を辞さないと激しく対立しているようだが、北のミサイルよりも(自国の)ミサイル落下の恐怖を与えているのが現在のわが政府」と皮肉った。

こに先立ち李代表は7日、韓日米の東海合同訓練について「極端な親日行為であり、対日屈辱外交に続く極端な親日国防ではないかと思わざるをえない」と批判した。

また李代表は10日のユーチューブ放送で「韓米同盟と我々の軍事力で十分に安全を守れるが、なぜ日本を引き込もうとするのか」とし「日本軍の韓半島進駐、旭日旗がまた韓半島(朝鮮半島)にかかる日を我々は想像できないが、そのようなことが実際に生じる可能性がある」と強調した。

関連記事

 

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    韓国与野党の「親日」論戦…「朝鮮は中から腐って滅びた」vs「李完用のような親日手先」

    2022.10.11 13:45
    뉴스 메뉴 보기
    11日午前、国会で開かれた国政監査対策会議で発言する共に民主党の朴洪根(パク・ホングン)院内代表 国会写真記者団
    TOP