주요 기사 바로가기

韓国、北朝鮮の短距離弾道ミサイル挑発にNSC開催…「強力糾弾」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2022.10.06 11:04
0
韓国国家安保室は6日、北朝鮮が短距離弾道ミサイル2発を発射したことを受け、金聖翰(キム・ソンハン)室長が主宰する緊急国家安全保障会議(NSC)常任委員会を開催した。

安保室は同日、報道資料を出し、尹錫悦(ユン・ソクヨル)大統領に北朝鮮の挑発関連内容を直ちに報告し、NSC常任委で合同参謀報告を受けた後、対応策について話し合ったと明らかにした。

NSC常任委員は、今回の挑発が北朝鮮の弾道ミサイル発射を論議するための国連安全保障理事会会議が開催された中で踏み切られた点に注目し、国際社会に対する容認できない挑戦だと強く糾弾した。

今月4日、北朝鮮の中距離弾道ミサイル(IRBM)発射による米空母「ロナルド・レーガン」の東海(トンヘ、日本名・日本海)再展開が示すように、北朝鮮の挑発はより強力な対応に直面することを警告した。

また、これまで韓米合同演習・訓練で見せた韓米連合防衛能力が、今回の北朝鮮の弾道ミサイルに対する即刻探知・追跡で改めて立証されたことを確認し、韓米連合防衛態勢および韓日米安保協力をさらに強化することにした。

さらに、北朝鮮の局地挑発を含むいかなる形の追加挑発の可能性にも徹底的に備えていくことにした。

同日の会議には、金室長や朴振(パク・ジン)外交部長官、李鐘燮(イ・ジョンソプ)国防部長官、金奎顕(キム・ギュヒョン)国家情報院長、金基雄(キム・ギウン)統一部次官、金泰孝(キム・テヒョ)NSC事務処長、イム・ジョンドク国家安保室第2次長などが出席した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    韓国、北朝鮮の短距離弾道ミサイル挑発にNSC開催…「強力糾弾」

    2022.10.06 11:04
    뉴스 메뉴 보기
    金聖翰国家安保室長が先月12日午後、ソウル龍山(ヨンサン)の大統領室庁舎で尹大統領の歴訪に関連したブリーフィングを行っている。[写真 大統領実写記者団]
    TOP