주요 기사 바로가기

北朝鮮外務省「米、空母送り込み脅威生じさせている…安保理上程を強く糾弾」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2022.10.06 10:23
0
北朝鮮は6日、米国の原子力空母「ロナルド・レーガン」が韓半島(朝鮮半島)水域に再び出動することに対し反発した。

北朝鮮外務省はこの日公報文を通じ「米国が朝鮮半島水域に空母打撃集団を再び送り込んで朝鮮半島と周辺地域の情勢安定に重大な脅威を生じさせていることに対して注視している」と明らかにしたと朝鮮中央通信が報道した。

外務省はまた「米国と一部の追随国家が朝鮮半島の軍事的緊張を高調させる『韓』米連合訓練に対するわが軍隊の当然な対応行動措置を国連安保理に不当に上程させたことについて強く糾弾する」と強調した。

韓米連合訓練を終え韓国海域を離れたロナルド・レーガンは北朝鮮の中距離弾道ミサイル発射に対する対応措置で再び東海上に出動し韓米日連合訓練に参加する予定だ。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    北朝鮮外務省「米、空母送り込み脅威生じさせている…安保理上程を強く糾弾」

    2022.10.06 10:23
    뉴스 메뉴 보기
    先月26日午前、ロナルド・レーガンが韓米連合海上訓練に参加するために釜山作戦基地を出港している。ソン・ボングン記者
    TOP