주요 기사 바로가기

国連、「ウクライナ侵攻221日目、民間人6114人が死亡」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2022.10.06 10:02
0
ロシアのウクライナ侵攻でウクライナ民間人6114人が戦争中に死亡したと5日、国連人権機関(UNHCHR)が発表した。

国連人権機関は侵攻221日目の10月2日基準で、民間人死亡者が6114人、負傷者は9132人となったと明らかにした。ロシアの大型砲、多連装ロケット砲、ミサイル空襲による死傷者数だ。

国連の民間人死傷者の集計は、確かな被害証拠に基づいている。国連が接近しにくいロシア占領地域などの被害状況は含まれにくく、実際の数値はこれよりはるかに多いという観測が出ている。

一方、民間人でない軍人兵力の戦死者数は正確に把握されていない。ウクライナ軍とロシア軍はいずれも相手の数は水増しし、自国軍数は縮小したり発表したりしていないからだ。

ウクライナ軍は5日前、これまで戦闘で殺害したロシア軍戦死者数が6万2000人を超えると主張した。ロシア国防部は、ウクライナのように敵の全体戦死者数は発表せず、毎日300人~500人のウクライナ軍人がロシア軍の手で死んでいると発表している。

ウクライナ軍は1か月前、戦後初めて自国軍の戦死者数が9500人と発表した。

ロシア軍の戦死者数は、ウクライナ軍ではなく米軍機関によって2カ月前に1万5000人を超えると発表された。1カ月前に米国防総省は、ロシア軍の死傷者数が8万人に近いと述べた。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP