주요 기사 바로가기

拷問を受けた人たちの金歯…ロシア拷問室推定場所を発見

ⓒ 中央日報日本語版2022.10.06 09:46
0
ウクライナ警察がハルキウでロシア軍が使用したと推定される拷問室が発見されたと明らかにした。該当拷問室では拷問された人たちから取り出したものと推定される金歯が山積みに入っている箱などが見つかった。

5日(現地時間)CNNなどによると、ウクライナのハルキウ上級警察捜査官であるセルゲイ・ボルビノフ氏は前日、ハルキウ州イジューム近くのピスキー・ラドキフスキ村で、ロシア軍がウクライナ捕虜を拷問した場所を発見したとフェイスブックを通じて明らかにした。

ボルビノウは「該当村が修復された後、地域住民が一つの建物の地下室にウクライナ捕虜が閉じ込められていたと通報した」とし「住民たちはこの建物から悲鳴が絶えなかったと話した」と伝えた。

該当地下室で発見された品物の写真も公開された。防毒マスクには火に焼けたような布が付いている。プラスチック箱には金歯がいっぱい入っている。そのため、ロシア軍が火をつけた布を防毒マスクの中に入れ、これを捕虜の頭にかぶせる方式で拷問したのではないかと推定されている。生歯を抜き、または性拷問など過酷行為があったとも推定される。

ボルビノウ氏は「ここでロシア軍に拷問を受けたウクライナ捕虜の身元を知っている」とし「捜査官と検察が該当拷問室で起きたすべての事実を糾明するために取り組んでいる」と話した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    拷問を受けた人たちの金歯…ロシア拷問室推定場所を発見

    2022.10.06 09:46
    뉴스 메뉴 보기
    ロシア軍のハルキウ拷問室と推定される場所から発見された金歯[写真 ボルビノフ氏のフェイスブック]
    TOP