주요 기사 바로가기

北挑発対応射撃訓練を知らなかった韓国の市民…「轟音後に火柱100メートル」一晩中恐怖

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2022.10.05 11:40
0
北朝鮮の挑発に対応したミサイル射撃訓練を知らされていなかった江原道江陵(カンヌン)市民は、深夜に続いた爆発音と火柱のため一晩中不安を感じた。

住民によると、4日午後11時ごろ、江陵のある部隊で爆発音と同時に火柱が上がった。その後、SNSなどで火柱が上がる映像が広まり、部隊周辺を中心に写真と映像、目撃談などが相次いで載せられた。

この映像には「私の家は南項津(ナムハンジン)の近くだが、轟音と同時に家が揺れた」「何かが飛んでくる非常に大きな音がし、それが爆発して空軍基地側の空が赤く染まった後、黄色く変わった。照明弾だと思ったが、炎が上がった」などのコメントが続いた。こうした状況で爆発音が翌日の5日午前1時30分まで何度か続くと、市民の不安は強まった。

軍部隊の近隣に住むクォンさん(43)は「深夜に訓練をする場合、少なくとも案内をするべきではないだろうか」とし「どういう状況か分からず、あちこちに尋ねて、朝まで眠れず不安を感じた」と語った。

当時、消防当局にも「飛行場に火災が発生した」「飛行場で爆弾音がする」など10件ほどの通報があった。これを受け、消防車などが直ちに現場に出動した。しかし出動中に軍部隊に問い合わせたところ訓練中という話を聞いて引き返した。

◆「訓練状況は保安上公開できない」

消防当局の関係者は「火災の通報が相次ぎ、警察状況室と軍部隊・海警など複数の経路を通じて確認した結果『訓練状況であり保安上話すことはできない』という言葉を聞いて撤収した」と説明した。この軍部隊には火災を鎮圧するための消防車と消防隊員が配置されているという。

今回の爆発音と火柱の原因は5日午前7時に確認された。韓国軍の合同参謀本部は前日、北朝鮮の中距離弾道ミサイル挑発に対応して韓国軍と在韓米軍がエイタクムス(ATACMS)を各2発ずつ計4発を東海(トンヘ、日本名・日本海)上に発射して仮想の標的を精密打撃し、追加の挑発を抑止するための連合戦力の対応能力を顕示したと明らかにした。

合同参謀本部は「北がいかなる場所で挑発しても常時監視態勢を維持した中で挑発の原点を無力化できる能力と体制を整えていることを見せた」とし「わが軍は北の追加挑発に備えて関連動向を追跡監視し、常時圧倒的な勝利を保障できる万全の対応態勢を維持している」と述べた。

続いて「この日に実施した連合対応射撃で軍は『玄武2』弾道ミサイルも発射したが、発射直後に非正常飛行して基地内に落ちる事故が発生した」とし「これに関連した人命被害は現在のところなく、正確な原因を把握している」と明らかにした。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    北挑発対応射撃訓練を知らなかった韓国の市民…「轟音後に火柱100メートル」一晩中恐怖

    2022.10.05 11:40
    뉴스 메뉴 보기
    4日午後、軍当局が連合対応射撃で発射した「玄武2」弾道ミサイルが、発射直後に非正常飛行して基地内に落下する事故が発生した。 写真=読者
    TOP