주요 기사 바로가기

【時論】高騰する金利に身動き取れなくなった人々=韓国

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2022.10.05 11:03
0
金利急騰期に重くのしかかる債務の足かせで人生の希望を失っている人のための解決法が切実だ。裁判所と信用回復委員会に届出られた債務調整申請だけみても25万件(2020年)を上回っている。返済しきれない水準の借金を背負った人々は借金のために息をすることさえ難しい。負債が増えて元利金償還負担が大きくなる時、赤字世帯が真っ先に切り詰めるのが食費と子女教育費だ。そのような家族の人生の質が落ちるのは火を見るより明らかだ。家族の葛藤、夫婦間暴力、家族解体、社会的孤立、憂鬱感の危険も大きくなる。このような状況が悪化すれば多くの人々が生きるために背負った借金せいで死を考える場合が多い。保健福祉部の自殺死亡者に対する心理解剖検査を見ると経済的問題のうち負債が71%にのぼる。

過度な借金の影響力は破壊的だが、徐々に過大債務者が増え、2000年以降に執権したすべての政府が例外なく金融脆弱層のための公約を掲げた。盧武鉉(ノ・ムヒョン)政府は「ハンマウム金融」と「希望集め」、李明博(イ・ミョンバク)政府は「信用回復基金」、朴槿恵(パク・クネ)政府は「国民幸福基金」、文在寅(ムン・ジェイン)政府は「長期小額延滞者支援」を通じて金融脆弱層のための一時的債務整理を行った。

常設債務整理制度も発展を続け、裁判所は自己破産に続いて個人再生を導入し、信用回復制度は長期延滞者を対象として始まり、短期延滞者のための利率債務整理が追加された。2019年には延滞危機や初期状態にある個人のために償還期間の延長などを支援する迅速債務整理が導入された。債務整理制度を見る目は交錯している。一方では信用下落と延滞による経済活動の制約と増える借金の悪循環を予防して脱出を助ける社会的努力が必要だという立場がある。もう一方では金を借りて返すのは個人の責任なのに借金を返さないでギリギリまで待てば政府が助けてくれるというモラルハザードができてしまい償還努力を疎かにする場合もあるという見解だ。

実際のデータを見ると債務整理が手軽な脱出口として利用されているという主張の裏付けはない。債務整理を申請した人々は申請前の延滞期間が平均37カ月以上だ。彼らが財政的困難に陥るとすぐに助けを求めて駆けつけるわけではないということだ。

『ウォールデン 森の生活』を書いたヘンリー・デイヴィッド・ソローは「借金は太古から続く泥のどん底だが、そこにはまれば抜け出すことはできず、生きても生きた心地がしない」とした。債務整理まで進む多くの個人は借金が増えて返済に困難を経験する過程で激しい不安と緊張、対人関係の断絶、就職と信用取引の制約など正常な日常生活が難しくなる。

債務のために経済活動を正しくすることができなくなれば個人や家族も苦痛で人的資源が死蔵されるため社会にとっても大きな損失だ。債務整理制度の目標は債務者に信用回復と経済的再起の機会を提供することだ。債務整理の効果はこれより広範囲だ。筆者が参加した研究チームは債務整理申請者を2年間追跡調査してみた。返済の負担が減れば財務状態だけでなく全般的な生活の質も大きく改善された。当事者の表現を借りると、債務整理は彼らが再び生きることができるようにしてくれる道だった。

精巧に作られた債務整理制度は借金を返す義務の履行を助ける社会的連帯の手段だ。政府は最近「低信用青年迅速債務整理」や「不良危険自営業者と小商工人債務整理」対策を発表した。政策の恩恵対象者が持てる能力の範囲で負債を償還できる条件を用意し、彼らが自立と社会参加の主体になるようにしなければならない。

債務整理制度が成功するためには分割納付、償還猶予、相談者の情緒的支持、効果的な金融財務教育があわせて構成されることが重要だ。債務を整理しても債務者が毎月償還を続けて信用回復段階に進むようにするには結局雇用と安定した所得が必須だ。

ギリシャ神話の中で英雄ヘラクレスは頭を切られても再び出てくる水蛇に苦戦を強いられ、火に熱した鉄を持って共に戦うイオラオスの助けを受ける。借金をして困難に陥った平凡な人であるほど、負債との戦いにおいて誰かの助けが必要だ。債務整理は借金による社会的費用を減らして社会の包容性を高める制度化された支援軍になることができる。

パク・ジョンミン/ソウル大社会福祉学科教授

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    【時論】高騰する金利に身動き取れなくなった人々=韓国

    2022.10.05 11:03
    뉴스 메뉴 보기
    [イラスト キム・ジユン記者]
    TOP