주요 기사 바로가기

今度はボーイズグループの番…StrayKids、先行注文だけで224万枚

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2022.10.05 09:03
0
今秋、ボーイズグループが大勢カムバックする。BLACKPINK・IVEなどガールズグループが掌握した音源市場にすでに季節の変化が感知される。特に3大企画事務所であるSM・JYP・YGがそれぞれ力を入れている次世代ボーイグループが同時に活動し、チャートの順位をめぐって激しい競争を繰り広げる見通しだ。

JYP所属の8人組ボーイズグループStrayKidsは4日、新曲『CASE 143』の一部の音源と振り付けが入ったミュージックビデオのティーザー映像を公開した。7日午後1時に発売予定の7thミニアルバム『MAXIDENT』に収録されるタイトル曲だ。3月、ビルボードメインアルバムチャート「ビルボード200」1位を記録した6thミニアルバム『ODDINARY』以降7カ月ぶりのカムバックだ。StrayKidsはBTS(防弾少年団)、SuperMに続き3番目にビルボード1位を占めたK-POP歌手だ。

ビルボードの1位を味わった後に発売する初めてのアルバムであるだけに、最大販売量が予想される。JYPによると、StrayKidsの新しいアルバムは先月28日基準で先行注文数量224万枚を記録した。これに先立ってリリースした2枚のアルバムが連続で「ミリオンセラー」(100万枚販売)のタイトルを獲得したことに続き、今回は「ダブルミリオンセラー」(200万枚販売)を軽く超える見通しだ。特に『ODDINARY』が正式発売2日前に先行注文数量130万枚を超えたことに比べると、『MAXIDENT』は発売を1週間以上残しても前作比72%(94万枚)増えた224万枚を突破した。

YGは同日の4日午後6時、12人組ボーイズグループTREASUREの2ndミニ『THE SECOND STEP : CHAPTER TWO』を公開する。今回のアルバムには当分音楽勉強に専念することにしたイェダム、健康上の理由で休息中のマシホを除いた10人体制で活動する。

このグループは3月、日本オリコン週間ランキングで1stミニ『THE SECOND STEP : CHAPTER ONE』が1位を占めた。2020年8月にデビューしたことを考えると、驚くべき成長速度だ。TREASUREは来月12~13日、ソウルコンサートを皮切りに26日から約21万人の観客を動員する日本アリーナツアーに乗り出す。

先月16日にカムバックしたSMの看板ボーイグループNCT127は4thアルバム『疾走(2 Baddies)』ですでに「ビルボード200」3位にのぼった。昨年発売した3thアルバムに続き、2枚目のアルバム連続3位となった『疾走』の初動(アルバム発売1週間の販売量)販売量は155万枚を記録した。この他にKINGDOM、AB6IX、DKZなどボーイグループが今月第1週目に全てカムバックする。

最近ガールズグループが限界を破ってアルバム販売量、ビルボードのランキングなどで新記録を更新しているが、収益性面で依然として圧倒的なボーイズグループのアルバム発売ニュースにエンターテインメント企業の実績は改善されるものとみられる。特に、米国・欧州などにK-POPの舞台が拡張され、SM・JYP・YGなどエンター3社は今年史上最大実績をおさめるものとみられる。

ケープ投資証券のパク・ヒョンミン研究員は「K-POPのビルボードチャート入りの頻度が増加し、平均ランキングが上昇している」として「ビルボードチャートでK-POPアーティストの露出が多くなるのは、米州地域の音楽消費者のK-POPへの接近性を高め、K-POPの成長勢が一層激しくなるものと期待される」と話した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    今度はボーイズグループの番…StrayKids、先行注文だけで224万枚

    2022.10.05 09:03
    뉴스 메뉴 보기
    StrayKidsは4日、新曲『CASE 143』の一部音源と振り付けが入ったミュージックビデオのティーザー映像を公開した。[写真 JYP]
    TOP