주요 기사 바로가기

サムスン電子「2027年に1.4ナノ量産」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2022.10.05 08:36
0
サムスン電子が2027年に1.4ナノメートル(1ナノメートル=10億分の1メートル)プロセルを適用したファウンドリー(半導体委託生産)量産を宣言した。6月の3ナノを手始めに技術革新を通じてファウンドリー世界最大手である台湾TSMCに追いつくという歩みを本格化したものだ。

サムスン電子は3日、米カリフォルニア州シリコンバレーで「サムスン・ファウンドリーフォーラム2022」を開き、今後のファウンドリー事業のロードマップと新技術適用計画を公開した。コロナ禍の余波で3年ぶりにオフラインで開かれた今回の行事にはファブレス(半導体設計専門企業)と協力会社などから500人ほどが参加した。

サムスン電子ファウンドリー事業部長のチェ・シヨン社長は「ゲートオールアラウンド(GAA)基盤の工程技術革新を持続し2025年には2ナノ、2027年に1.4ナノプロセルを導入する計画」と明らかにした。GAAは半導体内部で電流の流れを制御するトランジスタの効率を上げる次世代プロセスだ。既存のFinFETプロセスより電流が流れる通路が多くなり、より多くのデータを速く伝達できる。

サムスン電子は6月に世界で初めて3ナノプロセス量産を始めた。工程革新で2ナノなど新規半導体量産計画を明らかにしたことはあるが1.4ナノまでのロードマップを公開したのは今回が初めてだ。サムスンに続き3ナノプロセス量産を始めるTSMCは2027年以降に1.4ナノプロセス導入が可能な見通しだ。この日のサムスン電子の発表はTSMCとの先端ナノプロセス競争で一歩リードできる点で意味がある。これとともに2027年までにモバイルを除いた製品群の売り上げ比率を50%以上に拡大するという目標も出した。具体的には高性能コンピューティング(HPC)とオートモーティブ(車両用)半導体、モノのインターネット(IoT)など製品のポートフォリオを拡大するということだ。

4ナノプロセスをHPCとオートモーティブに拡大し、エンベデッド非揮発性メモリー(eNVM)と無線周波数(RF)でも多様なプロセスを開発していく予定だ。現在量産中の28ナノ車載用eNVMソリューションは2024年には14ナノに拡大し、RFプロセスは8ナノに続き5ナノも開発中だ。

また、5年以内に先端プロセス生産能力を今年より3倍以上に増やす予定だ。このため現在建設中である米テキサス州テイラー市のファウンドリー工場第2ラインを「シェルファースト方式」で作る予定だ。シェルファーストは半導体を生産するクリーンルームを先に建設し、顧客の注文が入ったら設備を投じて対応する方式だ。顧客オーダーメード型サービスも拡大する。サムスン電子は迅速な納期と価格競争力を備えたオーダーメード型サービスを強化して新しいファブレス顧客を発掘する一方、大規模データセンター運営企業のハイパースケーラーやスタートアップなど新規顧客も積極的に誘致する予定だ。

チェ社長は「顧客の成功がサムスン電子ファウンドリー事業部の存在理由。サムスン電子はより良い未来を創造するパートナーとしてファウンドリー産業の新しい基準になりたい」と話した。サムスン電子はこの日ファウンドリーフォーラムをはじめ4日には顧客支援プログラムである「SAFEフォーラム」、5日に新技術を紹介する「テックデー」を開催する。ファウンドリーフォーラムは米国のほか、欧州では7日にドイツのミュンヘンで、日本では18日に東京で、韓国では20日にソウルで、相次ぎ開催される。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    サムスン電子「2027年に1.4ナノ量産」

    2022.10.05 08:36
    뉴스 메뉴 보기
    3日に米カリフォルニア州シリコンバレーで開かれた「サムスン・ファウンドリーフォーラム2022」でファウンドリー事業部長のチェ・シヨン社長が2027年に1.4ナノプロセスの量産計画を発表している。[写真 サムスン電子]
    TOP