주요 기사 바로가기

ホワイトハウス「北朝鮮の危険・無謀な決定糾弾…国連安保理決議の明白な違反」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2022.10.05 08:21
0
米ホワイトハウスは4日(現地時間)、北朝鮮の弾道ミサイル発射を強く糾弾し、韓国・日本と2カ国間および3カ国間対応策について調整するという立場を明らかにした。

ホワイトハウスのカリーヌ・ジャン=ピエール報道官は同日のブリーフィングで、「韓国は長距離弾道ミサイルを日本を越えて発射した北朝鮮の危険で無謀な決定を強く糾弾する」とし、「これは域内を不安定にする危険なことであり、国連安保理決議の明白な違反だ」と述べた。

同報道官は「米国は禁止された弾道ミサイルおよび大量破壊兵器(WMD)計画を発展させようとする北朝鮮の能力を制限する努力を続ける」と強調した。

同時に「われわれは韓国および国際社会とともに二国間・三国間で即刻的かつ長期的な対応を持続的に調整する」と明らかにした。

そして、「われわれはこれ(北朝鮮のミサイル発射)を非常に深刻に受け止めている。外交と対話に対する韓国の立場は不変であり、このような行動は対話と外交に対する緊急の必要性を強調する」とし「北朝鮮が韓国の手振りに応じないのは遺憾だ」と述べた。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP