주요 기사 바로가기

【コラム】霞んだ「民族」の紐帯は結局廃棄されるのか=韓国(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2022.10.04 11:17
0
北朝鮮の攻撃本能がついに絶頂に達した。先月8日に法制化された「先制核攻撃」、「触らなくても撃つ」という条項を明文化した。北朝鮮住民の経済難に使った手法とは強度と深度が違う。有事の際、金正恩(キム・ジョンウン)委員長はもちろん人民武力部も核攻撃命令を出すことが可能になった。これは1993年から綱渡りをしてきた米国と韓国の対応戦略が総体的に失敗し、もう全く違う次元に入ったことを意味する。

北朝鮮の核は誰がみても統制不可であることが立証された。米国と韓国は北朝鮮を阻止しようとするが、今も徹底されていない。北朝鮮に対応して18日に米国務省は「発射の左側」(left of launch)の権限を韓国に渡したが、「敵国の非核攻撃にも先制打撃を敢行する」という北朝鮮の決断と比べると無力だ。ミサイルを小銃で防ぐようなものだ。韓国はジグザグだった。保守政権は「非核化」を空念仏のように叫んできたし、進歩は同情心が強く目を閉じた。まさか南側を狙うだろうかと考えたのだ。韓国がこのように対応する間、北朝鮮の対南政策は一貫性があった。核保有国。韓国の保守には暴言を浴びせ、進歩にはわがままを言いながら核を作った。1993年から3回の核危機を経験しながらも、民族の情緒に期待した歴史的な過ちだった。

対北朝鮮強硬派のジョン・ボルトン氏(元米国家安全保障問題担当大統領補佐官)の言葉通り、シンガポール・ハノイ・DMZ会談がすべて金正恩の時間稼ぎ劇であったし、米国と韓国は若干の「正常思考」「民族情緒」に期待をかけた純粋な観客だったのだ。統一至上と親北を固守する「586世代」主体思想派の政治家には親帝反民の戯言に聞こえるだろうが、「わが民族同士」は結局、戯言になった。

民族の使用説明書が南北で違ったということくらいは幼い子どもでも分かる。韓国は同胞愛の幻想を土台とし、北朝鮮は体制維持を図る偽装戦術だった。民族統一の概念が「自由大韓」と「赤化」にかなり以前に分かれたのを南北が明示的に口外しなかったが、今回の核法制化は漠然とした民族情緒が恐怖の不均衡を決して治癒できないということを悟らせた。

韓半島の民族概念の流れは世界と逆方向だ。グローバル化時代に主要国は「脱民族」に方向を定めて平和共存と繁栄を謳歌しようと考えた。米国とEUがそのような潮流を主導した。しかし欧州連合(EU)加盟国の利害衝突がしだいに強まり、米中のヘゲモニー戦が激しくなり、脱民族から「自民族主義」に向かった。欧州の主要国はひとまず民族共同体内に退却する傾向であり、中国は最初から中華民族の一帯一路をはばからず磨いた。北朝鮮は逆だ。核武力の前に民族はない。今年だけで20回のミサイル発射を敢行した。平壌(ピョンヤン)当局が保有する核弾頭70余個がソウルとニューヨークを狙っていて、有事の際、軍首脳部もボタンを押すことができるという。韓国は核弾頭の前で敵対的他人種、他民族集団になった。

【コラム】霞んだ「民族」の紐帯は結局廃棄されるのか=韓国(2)

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP