주요 기사 바로가기

【時視各角】AIにも及ばない韓国与野党の政治感覚

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2022.10.04 10:29
0
北朝鮮が連日ミサイルを撃つのは今に始まったことではない。だが、今回の挑発は従来のパターンとは明らかに異なる。これまで北朝鮮は韓米合同演習を控えてあらゆる口汚い言葉と共に武力示威をしながらもいざ訓練が始まればいつそんなことを言ったのかといわんばかりに静かになったりした。合同演習のために韓半島(朝鮮半島)に配備された米軍の戦略資産が突然攻撃用に転換されるかもしれないという恐怖がその根底にある。2018年南北首脳会談のとき金正恩(キム・ジョンウン)は文在寅(ムン・ジェイン)前大統領に「もうこれ以上国家安保会議(NSC)を招集するために夜明けに深く眠れないというようなことはないようにする」と守りさえできないことを言ったが、彼らにとって韓米訓練は深く眠れないどころか最初から寝つけないくらいの恐怖だった。

ところで今回は米軍戦略資産の総合セットである空母打撃群が来て訓練を行っているにもかかわらずに、ミサイルを次から次へと発射した。「核保有国を刺激するつもりか」といわんばかりの威勢だ。はっきりとは分からないが、韓米国防当局はこの初めての事態に対する評価と対応に混乱したことだろう。ある専門家の間から「もう従来の抑止戦略は通じない」という分析が出てくるのも無理はない。ここで終わりではなく、潜水艦発射弾道ミサイル(SLBM)試験と戦術核弾頭力量を見せる7回目の核実験が待っている。「ゲームチェンジャー」獲得の終着段階に入ったのだ。大韓民国が向き合っている状況はこのように厳しい。国軍の日の行事で「モンスターミサイル」を公開したのはこのような動きを狙った事前の警告だったはずだ。果たしてこのような警告が大胆になるだけなった北朝鮮に通じるかどうかは未知数だ。拡張抑制の稼働は必須の対備事項の一つだが、それだけで十分な抑止になるかどうかはさらに細かく検討する必要がある。核シェアリングや核均衡論など可能なすべてのオプションを含めて対応戦略を根本的に再検討しなければならないかもしれない。このような仕事をするにも尹錫悦(ユン・ソクヨル)大統領と参謀陣にとっては一日24時間では足りないようだ。

一方向だけから来る危機は準備さえうまく整えておけば防ぐことができる。本当の危機は全方向的な複合危機だ。私たちはすでに未曾有のパーフェクトストーム影響圏内に入っているかもしれない。過去には巨大な中国市場を近くに置いたおかげで2回ほどの経済危機を短期間に克服する模範生になることができたが、今は中国自体が危機の震源地の一つだ。経済危機の対応だけに専念しても大統領と参謀には時間が足りない局面だ。

前置きが長くなったが、断言するに私たちには「ナルリミョン(「吹き飛ばしたら、台無しにしたら」という意味の韓国語)か、バイデンか」で1日を過ごしている暇はない。普段、筆者は取材源との長時間インタビュー録音を人工知能(AI)音声認識プログラムを使って作業する。AIが作るテキストファイルに特に手を入れなくてもよいくらいその認識水準が高まった。「ひょっとして可能だろうか」と思って論争になった尹大統領のニューヨーク発言を入力してみると「判読不可」の判定が出てきた。一定の水準なら結果を問題なく出してくるAIが「録音された内容ははっきりしない」と言って両手をあげたのだ。音響専門家がより精密なプログラムを使った結果も大部分がそうだったという。つまりMBC(文化放送)が意図的な字幕操作で同盟を傷つけたと捜査当局に告発して科学的な分析を依頼してもわかりやすい結論を出すことは難しいということだ。もしかしたらAIアルゴリズムがあらゆるニュースとコメントなどを通して政治的リスクを学習した末に判読を拒否したのかもしれない。死を覚悟した決断の戦いを広げる与野党より、いっそ答えがないというAIのほうが賢明ではないだろうか。

大統領はこの退屈な消耗戦から一日も早く抜け出さなければならない。何もそこまで大胆な決断まで要することではない。ただ事実通りに話し、不注意な部分があったらあったと認めた後にこのように宣言すればよい。「この瞬間から不必要な政争をやめて国家大事業に専念します」。野党も手当り次第足をひっぱることはやめなければならない。協力政治という単語が辞書にない与野党の戦いは続くかもしれないが、争点を違う分野から探してこなくてはならな。戦う価値があるものがあり、そうではないものがある。この泥沼戦は先に負けるほうが勝つ。

イェ・ヨンジュン/論説委員

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP