주요 기사 바로가기

コンビニ・パン・チキン…海外領土を拡張する「韓国フランチャイズ」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2022.10.04 08:40
0
コンビニからベーカリー、チキンまで「K-フランチャイズ」が海外で拡大している。

3日、コンビニのGS25はモンゴルに100号店をオープンしたと発表した。昨年5月、モンゴル財界2位のショーンコライ・グループと提携し、現地に進出してから16カ月後のことだ。GS25は「K-フード熱風を融合した現地化戦略とコンビニ・インフラを活用してモンゴル内に不足している食堂・カフェ・憩いの場などに代わる多目的機能を強化した点が功を奏した」と説明した。

カフェ25などコーヒー豆のPB(プライベートブランド)商品とモンゴルの伝統餃子をコンビニ商品として開発した「ホーショール」メニューはそれぞれ一日2万個余り売れる人気商品に挙げられる。今回、テレルジ国立公園の入り口にオープンした100号店は91坪規模で、一般的コンビニに比べて3倍程度に当たる8000種余りの商品を販売する。テレルジは年間30万人の国内外観光客が集まる名勝地だ。GS25は2018年にベトナムにも進出し、現在186店舗を運営している。来年初め、マレーシアに店舗をオープンする予定だ。

国内コンビニの中で最も早く2018年モンゴルに進出したBGFリテールのCUは現在260余りの現地店舗を運営している。モンゴルのコンビニ業界で70%を超えるシェアを誇っている。モンゴルCUで販売する商品の30%は、国内中小企業が作ったPB商品のため、中小企業40社余りがCUを介して間接的にモンゴル市場に進出した。CUはマレーシア市場にも昨年進出し、現在120店余りを運営している。

ベーカリーブランドの海外進出も勢いがある。SPCグループのベーカリーブランド・パリバゲットはこの日、米国「フランチャイズタイムズ」が選定する「2022フランチャイズ企業トップ500」で25位だったと発表した。フランチャイズタイムズは1999年から米国内で運営されているフランチャイズ企業の売上などを分析し、ブランドの順位を発表している。パリバゲットは今年、前年度の38位より13ランク上昇した。韓国のフランチャイズ企業で最も高い順位だ。

パリバゲットは05年、米国に進出し、今年上半期に100号店をオープンした。酒類商圏のニューヨークのマンハッタン・タイムズスクエア、ミッドタウン、アッパーウエストサイドなどで開店した。パリバゲットはカナダでも2030年までに100店舗をオープンする計画だ。SPCグループの関係者は「77年間積み重ねてきた製パン技術とベーカリー運営のノウハウでフランチャイズの本場である米国でも成果を認められている」とし「北米市場攻略を強化し多様な形態でグローバル事業を加速していく」と述べた。

チキンフランチャイズのジェネシスBBQグループも先月30日(現地時間)、米国中南部地域のオクラホマ州に1号店をオープンし、米国内進出地域を20州に拡大した。K-チキンだけでなく、チメク(チキン+ビール)文化、トッポッキ、キムチチャーハンなども導入する。BBQオクラホマシティの加盟店オーナーは「K-チキンは韓流のおかげで韓国人と米国人の両方に愛されている」と話した。BBQは米国だけでなくカナダ、ドイツ、台湾、マレーシア、ベトナム、日本など57カ国で500店舗余りを運営している。

キョチョンチキンはマレーシア・中東など6カ国に70店舗を運営しており、bhcグループは香港に続きマレーシア(11月)とシンガポール(来年)に店舗をオープンする計画だ。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    コンビニ・パン・チキン…海外領土を拡張する「韓国フランチャイズ」

    2022.10.04 08:40
    뉴스 메뉴 보기
    モンゴルGS25・100号店[写真 GS25]
    TOP