주요 기사 바로가기

現代モービス、車両用5G通信モジュール開発…「未来モビリティー先導」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2022.10.03 16:02
0
現代モービスが「車両用第5世代(5G)通信モジュール」技術の開発に成功したと3日、明らかにした。この技術は超高速・超低遅延・超連結を特徴とする5G通信を基盤とする。大容量データ処理とリアルタイム連結が重要な自動運転とコネクテッドカーシステムの高度化に必要だ。今回開発した5G通信モジュールは、通信用チップ、メモリー、無線周波数(RF)回路、衛星利用測位システム(GPS)を結合した形態をしている。

現代モービスは5G技術を車両テレマティクスシステムに活用する計画だ。テレマティクスとは、無線通信網を利用して車両の情報を外部制御センターと交わし、使用者に安全・便宜・インフォテイメントサービスを提供する。車両遠隔制御、無線アップデート(OTA)、リアルタイム交通情報共有、緊急通報システム(eコール)が代表的なテレマティクス機能だ。

世界テレマティクス市場は急速に成長している。市場調査会社ローランド・ベルガー・ストラテジーなどは昨年200万台だった5Gテレマティクスの世界自動車搭載台数が2028年には5200万台に増えると予想した。

現代モービスは今回開発した5Gモジュールをすでに確保したV2X技術と融合し、「5G+V2X」統合ソリューションを公開する計画だ。V2Xは車両に人・事物・インフラ・ネットワークなどすべてを連結する技術。5G+V2Xは車両間センサー情報共有と車両間衝突回避、児童保護区域の自動減速、非常時の車両制御に活用できる。未来のモビリティー分野の先端技術領域だが、まだ初期段階だ。

現代モービスのチェ・ジュンベ・コネクティビティ・音響セクター長は「5G+V2Xを通じて新しい未来モビリティー技術を開発し、差別化するのに最善を尽くしていく」と述べた。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    現代モービス、車両用5G通信モジュール開発…「未来モビリティー先導」

    2022.10.03 16:02
    뉴스 메뉴 보기
    現代モービスが忠清南道瑞山(ソサン)走行試験場で5Gコネクテッドカー技術を試している。 写真=現代モービス
    TOP