주요 기사 바로가기

半導体不況で交易条件が歴代最悪…急激に冷え込む韓国企業の体感景気

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2022.09.30 14:16
0
韓国の交易条件が18カ月連続で悪化して史上最低を記録した。半導体など韓国主力輸出商品の価格下落が原因だ。企業の体感景気も1年7カ月ぶりに最低水準に下落した。高物価・高金利・高為替レート(ウォン安)などの「3高」危機に伴う企業の景気鈍化懸念がそれだけ大きくなったという意味だ。

韓国銀行が29日に発表した「8月の貿易指数および交易条件」によると、純商品交易条件指数は1年前に比べて10.3%下落した82.49(2015年=100)と集計された。統計を作成した1988年以降最低だ。純商品交易条件指数は昨年4月以降、毎月下落している。

純商品交易条件指数は商品1単位を輸出した代金で購入できる輸入品の量だ。先月を基準とすると、商品100個を輸出すれば82.49個購入できるという意味だ。指数が低くなるほど交易条件が悪化していることを意味する。1年前は商品91.94個を輸入することができた。輸出総額で輸入できる商品の量を示す所得交易条件も100.99(2015年=100)で1年前より5.7%落ちた。

交易条件が悪化した背景には原油など国際原材料価格の上昇で先月輸入価格(13.6%)が輸出価格(2%)を大きく上回ったものがある。韓銀のソ・ジョンソク物価統計チーム長は「先月原油価格も落ちたが、最近半導体と石油製品価格の下落などで輸出品価格が輸入品価格に比べて(前月比基準で)やや下落し、純商品交易条件指数も7月に続き歴代最低水準」と説明した。

交易条件が悪化して貿易収支赤字も膨らんでいる。今年の累積貿易赤字(1~8月)は94億7000万ドル(約1兆3692億円)で歴代最大となった。今月1~20日にも貿易収支は41億ドルの赤字を記録した。国民の財布は薄くなっている。国民の実質購買力を現わす今年4-6月期の実質国民総所得(GNI)は468兆4121億ウォン(約47兆2220億円)で前期に比べて1.3%減少した。

ただし、輸出金額と物量は増加を続けている。先月の輸出金額指数(136.84)は1年前より7.2%上昇して22カ月連続の上昇となった。半導体などコンピュータ・電子および光学機器(-9.2%)は下落したが、石炭および石油製品(110.8)、輸送装備(28.2%)などが増加するからだ。輸出物量指数(122.43)も1年前に比べて5.1%上昇した。

韓国の主力輸出品目である半導体は輸出金額指数(227.66)が1年前に比べて7%減った。半導体輸出金額指数が前年同期比で減少したのは2020年4月(-7.8%)以降初めてだ。半導体輸出物量指数(339.79)は1年前に比べて15.9%増えた。

輸入物量と金額は輸出よりも大きく増えている。輸入金額指数(184.49)は1年前より28.8%上昇した。原油など鉱山品(77.2%)やコンピュータ・電子および光学機器(15.8%)の上げ幅が大きかった。

輸入物量指数(136.17)も1年前に比べて13.4%増えた。輸入物量指数は指数基準では歴代最高だ。石油など鉱山品(23.7%)や自動車など輸送装備(53%)が増えた影響だ。

企業の体感景気は再び冷え込み縮小した。韓銀がこの日発表した「9月の景況判断指数(BSI)」によると、今月の全体産業BSIは前月に比べて3ポイント下落した78を記録した。2021年2月(76)以降、1年7カ月ぶりの最低水準となった。

BSIが100未満なら以前と比較して経営状況などが悪化するだろうと感じている企業が多いということを意味する。韓銀は今月14~21日に全国3255社(回答2817社)を対象に調査を進めた。BSIは製造業を中心に下落傾向が大きかった。製造業の業界状況BSIは前月に比べて6ポイント下落した74を記録した。細部業種別では電子・映像・通信装備が半導体価格の下落で13ポイント下落し、ウォン安が進んだことによる輸入原資材価格上昇の直撃を受けた1次金属が11ポイント下落した。サービス業など非製造業は1ポイント下落した81を記録した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    半導体不況で交易条件が歴代最悪…急激に冷え込む韓国企業の体感景気

    2022.09.30 14:16
    뉴스 메뉴 보기
    忠清北道清州に位置するSKハイニックスM15工場。SKハイニックスは近くの6万平方メートルの敷地に拡張ファブ「M15X」を来月着工する。[写真 SKハイニックス]
    TOP