주요 기사 바로가기

韓国株価、取引中に急落して今年の最安値を更新…2140台

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2022.09.30 10:49
0
韓国総合株価指数(KOSPI)が30日、取引中に2140台に落ちて今年の最安値を更新した。

この日午前9時40分基準でKOSPIは前日比24.07ポイント(1.11%)安の2146.86で取り引きされている。

寄り付きは9.82ポイント(0.45%)安の2161.11でスタートし、序盤2160台を上下していたが、次第に下げ幅を大きくして2150を割り込み、28日に記録した今年の最安値(2151.60)をまた更新した。

有価証券市場で個人が1881億ウォン、外国人が318億ウォンをそれぞれ売り越して下げ幅を大きくしている。機関は単独で2155億ウォンを買い越して追加下落を防御している。

同じ時間、コスダック(KOSDAQ)指数は前日比10.48ポイント(1.55%)安の664.59となっている。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP