주요 기사 바로가기

韓国大統領室「メディアは韓米同盟ねつ造、政界は大将の首を打とうとする」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2022.09.29 17:36
0
大統領室は29日、尹錫悦(ユン・ソクヨル)大統領の不適切発言と関連し「米国との協力が切実な状況でメディアは韓米同盟をねつ造で離間させ、政界は先頭に立っている大将の首を打とうとする。これは違うと考える」と強硬な立場を明らかにした。

金大棋(キム・デギ)大統領秘書室長はこの日午後のバックグラウンドブリーフィングで「韓米同盟が嫌いな人たちには好ましいかも知れないが、国全体として見た時には望ましくない。二度とこうしたことがなければという気持ち」としながらこのように話した。

金秘書室長は「フェイクニュースだけはちょっと退治しなければならないのではないか。過去にも見れば先進国のようなところではフェイクニュースをとても軽べつし嫌っているのに韓国は寛大だ」と話した。

彼は「過去狂牛病などさまざまな事態でも見たようにそうしたフェイクニュースは社会を病ませ国民を離間させることもある。われわれは厳重にみている」と強調した。

金秘書室長は「不適切発言議論と関連して尹大統領に尋ねたが、話のついでに出てきた言葉ではっきり覚えていないと言われた。尹大統領も相当に混乱している。不確実な事実を記事化する場合、必ず確認手続きを踏むべきだがそういうものを経なかった」と指摘した。

続けて「専門家らに音声分析要請もしたがどんな話をしたのかうまく出てこなかった」と付け加えた。

一方、野党「共に民主党」が推進中の朴振(パク・チン)外交部長官解任建議案に対し金秘書室長は「解任建議案まで行く事案ではない」と断言した。

彼は「外交惨事と言うが、もし外交惨事だったらきょうハリス米副大統領が韓国に来ただろうか。当事者、当事国がうまくいったものとしているのにわれわれ自らこれをこき下ろすのは良くない」とした。

その上で「ご存知のように北朝鮮が弾道ミサイルを撃ち金融市場はドル高で揺れる状況でいまはいつになく米国との協力が切実だ。こうした銃刀のない外交戦争の状況で先頭に立つ大将の首を打つというのは時期的にもさまざまな側面で正しくないとみており、国会でもしっかり判断してくれるだろうと考える」と話した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    韓国大統領室「メディアは韓米同盟ねつ造、政界は大将の首を打とうとする」

    2022.09.29 17:36
    뉴스 메뉴 보기
    韓国大統領室
    TOP