주요 기사 바로가기

スロバキア首相、ロシア発エネルギー大乱で「国家崩壊の危機に」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2022.09.29 10:28
0
スロバキア首相がロシアのウクライナ侵攻によるエネルギー大乱のせいで高騰した電気料金で「国家崩壊の危機にさらされている」と述べたとロイター通信が28日(現地時間)報じた。

これによると、スロバキアのエドゥアルド・ヘゲル首相はこの日、英フィナンシャル・タイムズ(FT)とのインタビューで「高騰するエネルギー費用で経済が崩れる恐れがある」として数十億ユーロ規模の欧州連合(EU)支援が必要だと訴えた。また、最悪の場合、自国内の電力供給を国有化せざるを得ないという立場も示した。

東欧国家スロバキアは自国内の原子力発電所で電力の半分以上を生産するが、残りの需要はロシアなどから輸入して充当してきた。ロシアが石油とガスをあまりにも安く供給してきたため、ロシア産エネルギーを使って国産電力は最大に残して輸出するやり方で利益を残してきた。

しかし、ロシアが西側制裁に対する報復として欧州行きのエネルギー供給を減らしたり中断したりすると、深刻なエネルギー難に直面した。海外に輸出していた国産電力を現時点で買い戻さざるを得ない状況になった。ヘゲル首相は「100ユーロ(約1万4000円)で売ったものを500ユーロで買っている」と述べた。欧州エネルギー取引所(EEX)の資料によると、現在スロバキアの1メガワット時(MWh)当たり電力料金は前年比6倍近く値上がりした水準だ。

ヘゲル首相はスロバキアにいわゆる「横領税」の税収投入などを通じたEUの支援が必要だと主張した。横領税とは、ガスのほか太陽光や原子力などを活用する発電会社がエネルギー価格の上昇のおかげで稼いだ超過利益の一部を回収する税金だ。EUはこの税金を通じて消費者負担を軽減する方針を議論している。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP