주요 기사 바로가기

「プーチン大統領が仕掛けた」背後説に…「とんでもない話」ロシアが名指した国

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2022.09.29 08:43
0
ロシアが「ノルドストリーム」ガス漏れ事故の背後として一部ではロシア当局を名指したことに反発した。

タス・スプートニク通信などによると、ロシア大統領府のドミトリー・ペスコフ報道官は28日(現地時間)の記者会見で、今回の事故がロシアの意図的な攻撃だという西側の一部の主張に対し、「予想可能だった、愚かでとんでもない話だ」と述べた。

また、「ロシアはノルドストリームの稼動停止に関心がない。ロシアは今回の事故でガス供給路を失った」とし「ノルドストリームの稼動停止は欧州の利益にも合致しない」と主張した。

同時に、2月のバイデン米大統領の発言に言及し、米国を背後に名指すような発言を行った。ペスコフ報道官は「ノルドストリーム2をなくしてほしいというバイデン大統領の要求が何を意味するのか誰も分からない」と話した。

これは2月7日、バイデン大統領がドイツのオラフ・ショルツ首相との首脳会談で「もしロシアのタンクが国境を越えてウクライナに侵攻すれば、ノルドストリーム2はこれ以上ないだろう」とし「私が断言する。私たちはそれを終わらせる」と言った発言を指摘したものと解釈される。

ペスコフ報道官はまた「ノルドストリームの事故以降、欧州にガスを供給する米国エネルギー企業の収益が急増した点に注目している」とも話した。

ドイツを経て欧州にロシア産天然ガスを供給するノルドストリームガス管で意図的な攻撃と推定されるガス漏れ事故が相次いで発生した。

ロシア側は、欧州連合(EU)と共同調査を検討する可能性があると明らかにした。スプートニク通信によると、ロシアのアレクサンドル・グルシコ外務次官は今回の事故に対するEUとの共同調査の可能性について「まだそのような要請はなかったが、要請が来れば考慮する」と話した。

欧州連合(EU)は同日、声明を通じて、「ノルドストリームガス漏れは故意の行為から始まった可能性がある」とし、強力な対応に乗り出すと警告した。

EUのホレル外交・安保政策高位代表は声明で「すべての有効な情報は、今回の事故が故意的な行為の結果であることを指している」と明らかにした。また「事件の経緯を明確にするすべての調査を支援する」とし「欧州のエネルギー基盤施設に対するすべての故意的かく乱は容認できず、強力な共同対応で対抗する」と強調した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP