주요 기사 바로가기

半導体寒波、予想よりも厳しい…「韓国半導体」に非常灯

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2022.09.28 10:20
0
半導体需要の急減と価格下落にともなう市場沈滞で韓国の半導体業界の前途に非常灯が灯った。早ければ来月6日に7-9月期の業績発表を控えたサムスン電子は半導体営業利益が前四半期比で半減するという観測まで出てきた。

市場調査会社のトレンドフォースは27日、7-9月期のNAND型フラッシュ価格が平均13~18%下落したのに続き10-12月期にも15~20%ほど追加で下がるものと予想した。これに先立ちトレンドフォースはDRAM価格もやはり7-9月期に10~15%、10-12月期に13~18%下落するという悲観的な見通しを出していた。

市場ではすでに業績見通しを大きく引き下げている。この日金融情報会社のFnガイドによるとサムスン電子の7-9月期の営業利益見通し(コンセンサス)は前年同期比20%減少した12兆7076億ウォンだ。前四半期の14兆970億ウォンより1兆ウォン以上減った。

半導体だけ分けてみれば7兆ウォン前後と予測される。有進(ユジン)投資証券はサムスン電子半導体部門の7-9月期の営業利益を7兆2000億ウォンと予想し、ハナ証券が7兆1000億ウォン、現代車証券が6兆6000億ウォン、DB金融投資が6兆7000億ウォンと予想する。4-6月期の9兆9800億ウォン、前年同期の10兆600億ウォンと比較して3兆ウォンほど急減した数値だ。匿名のサムスン電子関係者は「内部ではこれよりはるかに低い5兆ウォン台を予想している」と話す。

証券業界ではSKハイニックスの7-9月期営業利益見通しも前年同期比40%減った2兆5050億ウォンとみる。3カ月前の予想値である4兆6495億ウォンの半分水準だ。SKハイニックスは売り上げの97%がDRAMとNANDから出ており影響がもっと大きいと分析される。

ウォン急落にともなう対米投資額の増加も負担だ。サムスン電子は昨年5月、米国に170億ドルを投資してファウンドリー(半導体委託生産)工場を作ると発表した。その後テキサス州テイラー市に投資を確定して現地で基礎工事が進行中だ。発表当時の為替相場は1ドル=1120ウォン台で、ウォン換算すると約19兆ウォンだったが、現在の為替相場である1ドル=1421ウォンでは24兆ウォンを超える。5兆ウォンほど増えた格好だ。

また別のサムスン電子関係者は「工事期間も長く、人件費も増えるとみられ実際の投資金は300億ドル(約42兆6300億ウォン)を上回るかもしれない」と話した。こうなるとウォン換算では当初より投資規模が2倍に増えることになる。

SKグループの崔泰源(チェ・テウォン)会長は7月、バイデン米大統領に米国に220億ドルを新規投資すると明らかにした。為替相場変動で2カ月の間に投資金は28兆8000億ウォンから31兆3000億ウォンに増えた。財界関係者は「ただ投資執行は順次市場状況に合わせて弾力的に運用するだろう」と予想した。

株価も力が抜けている。サムスン電子はこの日前日より0.56%上がった5万4200ウォンで取引を終えたが、取引時間中に5万3500ウォンまで落ちた。5営業日連続の52週安値だ。SKハイニックスはこの3カ月の最高値の10万4500ウォンから21.5%下落した8万2000ウォンで引けた。

DB金融投資はサムスン電子の目標株価をこれまでの8万7000ウォンから8万3000ウォンに引き下げた。DB金融投資のオ・ギュジン研究員は「7-9月期を基点に業績下落傾向は避けられない。反騰時期は来年4-6月期以降になるだろう」と予想する。

有進投資証券リサーチセンター長のイ・スンウ氏は「マクロ経済不安と需要鈍化、在庫調整という三重苦を考慮すると保守的に予想するほかない状況」と話した。有進投資証券はSKハイニックスの目標株価をこの日11万ウォンに下げた。

予想より早く「半導体の冬」に進入したが、投資を通じて市場回復に備えなければならないという見方もある。漢陽大学融合電子工学部のパク・ジェグン教授は「需要減少により在庫がたまり利益が減っているが、超格差に向けてはインフラ投資は計画通りに進めなければならない」と話した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    半導体寒波、予想よりも厳しい…「韓国半導体」に非常灯

    2022.09.28 10:20
    뉴스 메뉴 보기
    6月7日に大統領室映像会議室で開催した閣議で尹錫悦大統領が半導体フォトマスクを眺める姿。[写真 大統領室]
    TOP