주요 기사 바로가기

ロシア、スパイ容疑の日本領事の拘禁解除…日本「違法活動なかった、極めて遺憾」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2022.09.28 09:37
0
ロシアでスパイ容疑で逮捕されたウラジオストク駐在日本領事のモトキ・タツノリ氏が現在は解放された状態だと27日、日本政府が明らかにした。日本側は違法行為のない領事の目を隠して、頭などを押さえ付けるなど高圧的行為があったとし、強く反発している。

ロシアのタス通信などによると、ロシア連邦保安局(FSB)はモトキ氏のアジア太平洋国家間の協力に対する機密情報と西側の対ロシア制裁に関連した情報を収集し、この過程で金品を提供したと主張している。モトキ氏が前日26日(現地時間)、ロシア政府によって召喚されてペルソナ・ノン・グラータ(好ましからざる人物)に指定され、48時間内にロシアから離れるよう通知されたとメディアは伝えた。

これに伴い、モトキ氏は28日までにロシアを出国する予定だ。FSB側はモトキ氏がロシア法の違反を認める短い映像を公開して外交ルートを通じて日本に抗議したと27日、日本ジャパンタイムズが伝えた。これに対して日本政府は強く反発する状況だ。

この日、林芳正外相は記者団と会って「(ロシアの抑留と尋問は)明白なウィーン条約の違反で極めて遺憾。決して受け入れられない」としながら違法行為の事実は一切ないと述べた。続いて林外相は今回の事件に対するロシア側の公式謝罪と再発防止対策を要求した。ウィーン条約により、外交使節とその家族は駐在国で逮捕や拘禁を受けない免責特権対象となる。

松野博一官房長官も「該当領事は終始目隠しをされたまま、両手および頭を押さえ付けられて身動きが取れない状態で連行されたうえ、威圧的な取り調べを受けた」とし「信じがたい行為で、強く抗議する」と述べた。この日、日本政府はミハイル・ガルージン・ロシア大使を外務省に呼んで厳重抗議した。

松野官房長官によると、モトキ領事は現在は解放された状態で、健康にも特別な異常はない。

ロシアのウクライナ侵攻以降、関係が悪化した日本とロシアは互いに対する応戦制裁に乗り出している。

日本がロシアに対する広範囲な経済制裁に参加すると、ロシアは今年4月、日本側が敵対視しているという理由で日本外交官8人を追放した。続いて5月には岸田文雄首相など日本人63人を、7月には日本衆議院議員384人を入国禁止にした。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    ロシア、スパイ容疑の日本領事の拘禁解除…日本「違法活動なかった、極めて遺憾」

    2022.09.28 09:37
    뉴스 메뉴 보기
    林芳正外相
    TOP