주요 기사 바로가기

「アルマゲドン作戦」が現実に…地球防衛の初「小惑星衝突実験」成功

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2022.09.27 13:13
0
米国航空宇宙局(NASA)は26日午後7時14分(日本時間27日午前8時14分)、地球から1100万キロ離れたところで「双小惑星軌道修正実験」(DART)宇宙船を近地球双小惑星ディディモスの衛星ディモルフォスに衝突させる実験に成功したと明らかにした。

ディモルフォスは直径約160メートルで、5倍大きいディディモス(直径約780メートル)の衛星として11.9時間ごとに公転している。これと時速2万2000キロ(秒速6.1キロ)の速度で衝突したDATRは重量620キロで、大きさは自動販売機ほどだ。

NASAは衝突1時間前からユーチューブTVなどで宇宙船が衝突直前まで伝送してきたイメージをリアルタイムで公開し、衝突の過程を生中継した。

DART宇宙船の衝突の結果、ディモルフォスの軌道が変わったかどうかは今後の数週間にわたり地上と宇宙望遠鏡の観測を通じて確認される予定だ。人類が小惑星の衝突から地球を防衛するための戦略を実際の小惑星を対象に実験したのは今回が初めて。

DARTは小惑星との衝突を目標に昨年11月に打ち上げられた。地球から約1100万キロ離れた地点に向かって10カ月間の航海し、この日に衝突した。

今回の衝突実験の目標は小惑星の爆破ではなく軌道の変更だ。これを通じて今後、地球に向かって近づく小惑星の軌道を似た方式で変え、衝突の危険性を低めるという趣旨だ。実験が成功すれば公転の軌道が内側に小さくなり、公転時間が数分間ほど短縮すると予想される。

今回の実験には3億3000万ドル(約4600億ウォン、約465億円)が投入された。NASAは現地時間で午後8時に実験結果を発表する予定だ。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    「アルマゲドン作戦」が現実に…地球防衛の初「小惑星衝突実験」成功

    2022.09.27 13:13
    뉴스 메뉴 보기
    米航空宇宙局(NASA)が小惑星の軌跡変更のために27日(日本時間)に実施する宇宙船衝突実験 NASAホームページ キャプチャー
    TOP