주요 기사 바로가기

半減した暗号資産市場…韓国内の時価総額半年で55兆ウォンから23兆ウォンに

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2022.09.27 10:45
0
韓国国内で取引される暗号資産の時価総額は6月末基準で23兆ウォンと調査された。昨年末の時価総額55兆2000億ウォンの半分水準だ。上半期の1日平均取引額も5兆3000億ウォンで昨年下半期の11兆3000億ウォンの半分にも満たなかった。米連邦準備制度理事会(FRB)の緊縮などで市場の流動性が枯れているところに、ルナ・テラ暴落問題などによる信頼下落が影響を及ぼした。

金融情報分析院(FIU)は26日、「2022年度上半期仮想資産事業者実態調査結果」を発表した。昨年下半期に続く2度目の実態調査だ。申告を完了した26の暗号資産取引所を対象に実施された。このうちウォンで取引できるのはアップビット、ビットサム、コインワン、コービット、コパックスの5カ所で、残りの取引所はコイン間取引だけ可能なところだ。

今年に入り暗号資産市場は大きく萎縮した。上半期の暗号資産取引所の取引額は951兆ウォンと集計された。昨年下半期の取引額2073兆ウォンの半分に満たない規模だ。1日平均取引額も昨年下半期の11兆3000億ウォンから今年上半期は5兆3000億ウォンに減った。FIUによると21日基準で取引額は2兆7000億ウォン水準にとどまる。

待機性資金の性格であるウォン預置金も昨年末の7兆6400億ウォンから6月末には5兆9000億ウォン水準に減った。ウォン預置金は21年12月に8兆5000億ウォンまで増えた後減り続ける傾向にある。

6月末基準の韓国の暗号資産の時価総額は23兆ウォンとなった。昨年下半期に集計した時価総額55兆2000億ウォンより58%減少した。FIUによると6月末基準で世界の仮想資産時価総額は約1117兆ウォンで、昨年末より58%減少した。

取引所の営業利益もともに大幅に減少した。上半期の取引所の営業利益は6301億ウォンで昨年下半期の1兆6400億ウォンより1兆ウォンほど減った。特に暗号資産同士の取引だけを扱うコインマーケットの場合、327億ウォンの赤字を出した。

取引所の平均手数料率は0.16%と調査されたが、アップビットなどウォン取引所の平均手数料率は0.18%と高かった。ウォン取引所手数料率は韓国取引所の株式売買手数料率0.0027%の66.6倍水準だ。

6月末基準で暗号資産取引所に登録した利用者数は1245万3793人(重複含む)となった。昨年末の1389万9471人より144万人ほど減少した。ただ実名認証を終えた取引可能利用者は昨年末の556万4772人より124万8000人ほど増えた681万3410人となった。

取引可能利用者の66%に当たる455万人は口座に50万ウォン以下(暗号資産保有額+ウォン預置金)だけ保有していた。これに対し1000万ウォン以上保有者は7%の47万人と集計された。このうち10億ウォン以上保有する利用者は0.01%の1000人にすぎなかった。

暗号資産価格下落で保有者の資産も大幅に減った。全利用者のうち100万ウォン以下の資産を保有する割合は昨年末の56%から17ポイント増えた73%となった。1000万ウォン以上保有する人の割合は昨年末の15%から7%に減った。一方、韓国の取引所に上場された暗号資産は1371種類だった。取引所間で重複上場された暗号資産を除くと638種類だ。上半期だけで154件の新規上場と147件の上場廃止があった。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    半減した暗号資産市場…韓国内の時価総額半年で55兆ウォンから23兆ウォンに

    2022.09.27 10:45
    뉴스 메뉴 보기
    ビットコイン
    TOP