주요 기사 바로가기

ウォン下落でKOSPI2250ポイント割れ、2020年7月の水準

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2022.09.26 13:16
0
米国発の高強度の緊縮への懸念とウォン下落で26日の韓国証券市場は取引時間中に2230ポイントを割り込んだ。この日の韓国総合株価指数(KOSPI)は1.28%下落の2260.80で取引を開始し、2229.26まで値を下げた。KOSDAQ指数も1.34%下落の719.60で取引を開始した後、3.52%下落の703.66まで下がった。為替相場は寄り付き直後に1ドル=1420ウォンまでウォン安が進み、13年6カ月来のウォン安を記録した。

KB証券のハ・インファン研究員は「韓国の証券市場は金曜日のニューヨーク証券市場の株安の影響を大きく受けた」と話した。23日のニューヨーク証券市場でダウ平均は1.62%安の2万9590.41ドルを記録した。これは2020年11月以降で最も低い値だ。ナスダック指数は前日より1.8%安の1万867.93となり、S&P指数も1.72%安の3693.23で取引を終えた。

サムスン証券のソ・ジョンフン研究員は「米国の高強度の緊縮とドル高が韓国市場に否定的な影響を及ぼしている中で金曜日に英国政府が発表した大規模財政支出案でポンドが急落しドルを引き上げた」と説明した。23日に英国政府が50年来の大規模減税案を発表し対ドルでポンド相場は1985年以来の安値水準を記録した。ポンド安がドル指数を113まで押し上げ、「強いドル」の勢いがさらに強くなった。これは2002年5月末から20年4カ月ぶりの高水準だ。

韓国投資証券のキム・デジュン研究員は「複合的な要因がドルを押し上げ、新興国市場に属する韓国への投資が外国人に魅力的でない状況になった」と分析した。

未来アセットのキム・ソクファン研究員は「ニューヨーク連邦準備銀行で集計した今後12カ月以内の景気低迷確率が先週金曜日に25%まで急騰した。ゴールドマン・サックスも年末のS&P500指数推定値を4300から3600に大幅な下方修正をした点が韓国の証券市場に否定的な影響を及ぼした」と話した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP