주요 기사 바로가기

【進撃の韓国防産】韓国の防衛産業に国際社会の耳目が集中(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2022.09.25 12:20
0
ウクライナ戦争など国際情勢が揺れ動いて韓国の防衛産業に国際社会の耳目が集中している。長い歴史で見れば韓国の兵器はすでに世界的水準だった。最近人気を呼んだ映画『閑山:龍の出現』に出てくる亀甲船は当時他の国では考えることもできない斬新なアイデアの兵器だった。戦艦に覆いをかぶせて倭軍の乱入を防ぎ、松で作った亀甲船は材質が弱い杉で作られた倭軍の戦線に突っ込んで破壊した。亀甲船に装着した艦砲は壬辰倭乱(文禄慶長の役)が勃発する80年前に朝鮮軍が開発したもので、当時の倭軍に亀甲船と艦砲は十分に恐怖の兵器だった。

こうした韓国人の天性の兵器製作技術が時代を跳び超えて現代に再び発現している様相だ。最近になりポーランドをはじめスウェーデン、フィンランド、トルコ、エジプトなど各国が韓国の兵器に注いでいる大きな関心がこれを証明してくれる。韓国の兵器のうち最も関心を集めるのはK2戦車だ。陸軍が保有する米国製M48戦車を置き換えるために開発されたこの戦車は2014年に陸軍に配置され始めた。当初600台ほどを生産する計画だったが、予算などの問題で400台ほどに減った。これにより最後のロットだけ生産すればラインを止めなくてはならない状況だった。

ところが「奇跡」が起きた。ポーランドがK2戦車1000台を買う意向を示したのだ。既存の旧ソ連製Tシリーズ戦車をウクライナにすべて譲渡した後、K2戦車で新たに再武装することにしながらだ。ポーランドがドイツとフランス、米国など軍事先進国の戦車の代わりにK2戦車を選択することになったのは何より性能が優れているためだった。韓国の戦車開発・生産技術は世界7位だ。米国、ドイツ、フランスが1~3位で中国は8位だ。ところが米国はM1A1戦車以降後続モデルがなく、ドイツとフランスは脱冷戦後に軍備を縮小しており戦車生産ラインが事実上止まった状態だ。

K2は圧倒的性能で勝負に出た。5月末に現代ロテムの昌原(チャンウォン)試験場を訪れたポーランドのブワシュチャク国防相はK2戦車に直接乗って検証した。彼が乗ったK2戦車は昌原試験場のでこぼこの路面を衝撃なく通り過ぎた。当初ポーランドが購入しようとしていたドイツ製レオパルト2A7戦車は障害物がある路面では跳びはねるように揺れる。ブワシュチャク国防相はK2戦車試乗後「エクセレント」と話した。

K2戦車が整地されていない路面をスムーズに通り過ぎたのはロッドアーム内蔵型油気圧式懸架装置(サスペンション)という衝撃吸収装置のおかげだ。自動車に装着されたショックアブソーバーのようなものだ。K2戦車のISUは路面の衝撃を吸収しデジタルで自動計算して戦車の砲身を常に安定した姿勢で維持するようにしてくれる。そのため砲弾を正確に射撃し命中率が高い。1回目の射撃後にも砲身の揺れがほとんどなくすぐに2回目の射撃が可能だ。さらにK2戦車が動きながら射撃しても2キロメートル以内では敵の戦車にほとんど命中する。

ところがドイツ製のレオパルト2A7戦車は違う。路面の衝撃を吸収するサスペンションが機械式の板ばねだ。そのため障害物の衝撃を吸収できず、機動中の揺れも多い。車体が揺れる状況で射撃すれば命中率が大幅に低下するほかない。K2戦車は1月にノルウェーのレナ基地で試験射撃をする時も北大西洋条約機構(NATO)標準標的の4分の1の大きさを正確に当てた。

【進撃の韓国防産】韓国の防衛産業に国際社会の耳目が集中(2)

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    【進撃の韓国防産】韓国の防衛産業に国際社会の耳目が集中(1)

    2022.09.25 12:20
    뉴스 메뉴 보기
    昨年12月にフィリピン国防省と建造契約を締結した3100トン級哨戒艦。[写真 現代重工業]
    TOP