주요 기사 바로가기

【進撃の韓国防産】防衛産業企業、相次ぐ輸出朗報で株価2倍に

ⓒ韓国経済新聞/中央日報日本語版2022.09.24 12:33
0
韓国の主要防衛産業企業が最近、海外輸出で相次いで朗報を伝えている。現代ロテム・韓国航空宇宙産業(KAI)・LIGネクスワンなど上場企業は国内外の景気沈滞にもかかわらず、証券市場で投資家の選択を受けている。これら企業の株価は、現代ロテムのK2戦車、KAIのFA-50軽攻撃機、ハンファディフェンスのK9自走砲などがポーランドに大規模に輸出されることが伝えられた7月中旬から今月初めまで最高2倍近く上昇した。最近はやや停滞しているが、同じ期間のKOSPI(韓国総合株価指数)とは対照的だった。

KAIは1999年に設立され、現在、輸出入銀行を筆頭株主とする公企業性向の企業だ。政権が交代するたびに経営陣が入れ替わり、一時は粉飾決算の問題が浮上するなど紆余曲折があった。こうした中でも技術開発に没頭してきたのが最近の顕著な成果につながっている。今回輸出されるFA-50はKAIが開発した国内初、世界12番目の超音速飛行機T-50系列軽攻撃機だ。KAIは2011年、16機のT-50をインドネシアに輸出したのをはじめ、海外市場をノックしてきた。KAIの関係者は「今回のポーランド輸出は国産航空機の最初の欧州輸出事例」と意味付けした。KAIは昨年、売上高2兆5623億ウォン(約2600億円)、営業利益583億ウォンだった。

非上場企業のハンファディフェンスは国内大企業のうち防衛産業分野に最も積極的なハンファグループの系列会社で、親会社はハンファエアロスペース。ハンファディフェンスは1978年の防衛産業進出以降、技術開発を繰り返し、K9自走砲のほかにも第5世代歩兵戦闘装甲車「レッドバック」を代表製品として保有している。レッドバックは今年、オーストラリアで輸出契約優先交渉対象者選定を控えている。最終選定される場合、国内でまだ戦力化していない武器体系の最初の輸出事例となる。ハンファディフェンスはすでに国内に実戦配備されたK9自走砲を、弾薬100%自動装着が可能な砲塔にアップグレードしたK9A2モデル体系の開発を控えているなど、グローバル自走砲市場でシェア1位を守っている。

1976年に設立された金星精密が母胎のLIGネクスワンは2006年、国産無線機で防衛産業輸出の道を開いた企業だ。その後、精密誘導武器など先端武器体系開発に注力し、1月にアラブ首長国連邦(UAE)と天弓-II中距離地対空迎撃ミサイル輸出契約を締結するなど成果を出している。昨年は売上高1兆8222億ウォン、営業利益972億ウォンだった。

これら防衛産業企業の輸出好調は今後もしばらく続くというのが専門家らの見方だ。DB金融投資のキム・ホンギュン研究員は「ウクライナ情勢が長期化し、欧州だけでなく中東と南シナ海など世界各地で地政学的リスクが浮き彫りになっている」とし「優れた技術力と合理的な価格でアピールする韓国防衛産業企業には良い機会になるだろう」と述べた。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    【進撃の韓国防産】防衛産業企業、相次ぐ輸出朗報で株価2倍に

    2022.09.24 12:33
    뉴스 메뉴 보기
    FA-50軽攻撃機。搭載重量8.9トン、最大速度マッハ1.5、戦闘半径444キロ、空対地・空対空誘導弾、価格約500億ウォン(約50億円)。 韓国航空宇宙産業(KAI)
    TOP