주요 기사 바로가기

台湾、今月29日から韓国などノービザ国家の入国再開

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2022.09.23 13:31
0
台湾が今月29日から韓国を含むノービザ国家に対する入国を再開する。

22日、自由時報など台湾メディアによると、台湾行政院はこの日の会議で韓国などノービザ国家に対する入国をこのように決めたと明らかにした。

台湾外交部領事事務局もホームページを通じて29日から韓国・日本・シンガポール・タイなどノービザ適用国家に対する措置を全面的に以前の水準に戻していくと案内した。

衛生福利部の王必勝政務次長(次官)はこの日防疫関連の記者会見で国境開放に対し、2段階に分けた後続措置を発表した。

王氏は第1段階として今月29日午前0時から毎週入国者数を5万人から6万人に引き上げて入国時に無症状者を対象に実施していた唾液PCR(遺伝子増幅)検査を廃止し、家庭用迅速抗原診断キットを利用した検査4回に変更すると明らかにした。ただし、現行の3日間自宅隔離と4日間の自律管理はそのまま実施すると付け加えた

続いて第2段階は来月13日(予定)から自宅隔離が廃止されて7日間の自律管理に変更し、入国時の「入国健康証明と自宅隔離通知書」はこれ以上必要なくなると説明した。

これに伴い、新型コロナウイルス感染症(新型肺炎)の症状がない入国者の場合、公共交通手段を利用して移動できることになる。

しかし王氏は7日間の自律管理期間に滞在する場所は浴室が独立した1人1室が可能なところに制限されると話した。あわせて毎週入国者数を15万人に引き上げる方案として試験運営すると伝えた。

これに先立ち、台湾は今月12日から韓国を除く米国・英国・オーストラリアなど一部国家の国民のノービザ入国を再開したことがある。

一方、台湾のワクチン接種率は1次と2次がそれぞれ93.45%、87.36%であり、3次と4次は72.94%と10.36%だという。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP