주요 기사 바로가기

米原子力空母「ロナルド・レーガン」が釜山入港…月末に東海で連合訓練

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2022.09.23 11:40
0
「浮かぶ軍事基地」と呼ばれる米国海軍の原子力空母「ロナルド・レーガン」(CVN-76)が23日午前、釜山(プサン)海軍作戦司令部に入港する。米空母が釜山作戦基地に入港するのは2017年10月(「ロナルド・レーガン」)以来5年ぶりだ。「ロナルド・レーガン」は今回の釜山入港を機に、今月末には東海(トンヘ、日本名・日本海)水域で韓国海軍と連合訓練を実施する。

韓国海軍によると、「ロナルド・レーガン」と巡洋艦「チャンセラーズビル」(CG-62)、イージス駆逐艦「バリー」(DDG-52)の3隻で構成された米空母打撃群はこの日午前、釜山作戦基地に入港する。

韓米海軍は空母打撃群の停泊期間中、両国友好増進のための相互艦艇訪問、親善体育活動、社会福祉施設連合ボランティア活動などを実施する。また今月末には東海水域で米空母打撃群を含む韓米海軍の連合海上訓練が予定されている。

韓国海軍と米海軍空母が韓国の作戦区域で連合訓練を実施するのは、北朝鮮の核実験と大陸間弾道ミサイル(ICBM)試験発射が続いた2017年11月以来およそ5年ぶり。

北朝鮮が2017年9月に6回目の核実験を実施すると、米国側は同年11月初め「ロナルド・レーガン」、「ニミッツ」(CVN-68)、「セオドア・ルーズベルト」(CVN-71)の空母3隻を朝鮮半島周辺に展開し、韓国海軍と連合訓練を実施した。

今回の連合訓練には米軍のロサンゼルス(LA)級原子力潜水艦「アナポリス」(SSN-760)も空母打撃群の一員として参加する見通しだ。米空母打撃群の作戦など任務遂行時は通常2隻ほどの潜水艦が参加するという。

韓国海軍は「ロナルド・レーガン」の今回の釜山入港および連合訓練計画について「軍事対応態勢を強化するのはもちろん、韓半島(朝鮮半島)平和・安定のための韓米同盟の強固な意志を見せる予定」と説明した。

この空母は全長333メートル、全幅77メートル、全高63メートル規模で、乗組員5500-6000人。「ロナルド・レーガン」にはF/A-18「スーパーホーネット」戦闘機、E-2D「ホークアイ」早期警戒機、EA-18G「グラウラー」電子戦機、MH-60R海上作戦ヘリコプターなど計80余機の艦載機が搭載される。

米海軍はこれら艦載機のうち「スーパーホーネット」が西太平洋一帯で実施した飛行訓練写真を今月13日に公開した。当時、米海軍は訓練に参加した「スーパーホーネット」が第195打撃戦闘飛行隊(VFA195)「ダムバスターズ(Dambusters)」中隊所属だとし、「ダムバスターは1951年5月1日、集中防御されていた北朝鮮の要衝地、華川(ファチョン)ダムを低空飛行して破壊したところから始まった」と説明した。

米軍が空母艦載機訓練の事実と共にこの部隊が朝鮮戦争に参加したという履歴まで紹介したことについては「対北朝鮮警告」メッセージという解釈が出ていた。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    米原子力空母「ロナルド・レーガン」が釜山入港…月末に東海で連合訓練

    2022.09.23 11:40
    뉴스 메뉴 보기
    米海軍原子力空母「ロナルド・レーガン」の甲板から離陸するF/A-18スーパーホーネット戦闘機 [写真=米海軍]
    TOP