주요 기사 바로가기

「愛用していたら口腔がんに…」 中国が販売禁止令を下した「死の実」とは

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2022.09.23 10:12
0
口腔がんを誘発するため中国で「死の実」と呼ばれているビンロウの消費が増えて地方政府が販売規制に出た。

22日、中国共産党機関紙「人民日報」によると、浙江省義鳥市や江西省南昌市の市場監督管理局は今月20日、ビンロウ加工食品の販売を禁止し、販売台に陳列されていた製品を回収させた。

今年5月、貴州省遵義市を皮切りに10カ所余りがビンロウ食品販売禁止令を下し、規制する地域が次第に増えていると人民日報は伝えた。

中国は2020年にビンロウを食品品目から外したことに続き、昨年9月には放送やインターネット等を通してビンロウを食品として広報したり販売したりする行為を全面的に禁止していた。

中国をはじめ一部アジア国家ではビンロウを冷え症の治療や虫下しとして使用してきた。また、一種の覚醒効果を得ることができるため、一部では食後や休息時にガムのように噛む習慣もある。

しかし、ビンロウに含まれているアレコリン成分は口腔がんを誘発することが分かっている。

世界保健機関(WHO)国際がん研究機関は2003年にビンロウを第1級発がん性物質に指定し、中国も2017年アレコリン成分を口腔がん誘発物質に規定した。

湖南省で数年前に口腔がん患者8000人余りを対象に調査したところ、彼らのうち9割がビンロウを摂取していたという。

最近口腔がんで亡くなった中国のある歌手は今年6月、SNSを通じてビンロウの実を約6年間を愛用していたとする一方、ビンロウの危険性を警告していた。



関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    「愛用していたら口腔がんに…」 中国が販売禁止令を下した「死の実」とは

    2022.09.23 10:12
    뉴스 메뉴 보기
    ビンロウの実。[写真 pixabay]
    TOP