주요 기사 바로가기

「なぜプーチンのために死ぬ必要が?」…ロシア動員令に「腕を折る方法」検索が急増

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2022.09.22 10:13
0
ウラジーミル・プーチン大統領の動員令宣言にロシア各地で市民の激しい反対デモが相次いでいる。

21日(現地時間)、ニューヨーク・タイムズ(NYT)やロイター通信など複数の外信によると、この日ロシア38都市で動員令反対デモが起き、少なくとも1000人以上のデモ隊が警察に逮捕されたとロシアの人権監視団体「OVD-Info」が集計した。

首都モスクワでは市内の中心街に集まったデモ隊が「動員令反対」のスローガンを叫び、少なくとも50人が警察に拘禁された。サンクトペテルブルク、イルクーツク、エカテリンブルクなどの都市でも反対デモが相次いで起きたとロシア独立メディア「メドゥーサ」は伝えた。

これに先立ち、プーチン大統領はこの日国営テレビを通じて放映された国民向けの演説を通じて部分的動員令の実施を伝えた。国防省はこの日声明を通じて大学生を除く18~27歳の男性のうち、1年間の義務軍服務を終えた予備役30万人が徴集対象だと明らかにした。ロシア全体の予備軍兵力は約200万人に達する。

今回のデモを主導したロシア青年民主化運動団体「vesna」など若年層は「プーチンのために死ぬ必要はない。あなたはロシアであなたを愛する人々に必要だ」とし「当局にとってあなたは何の意味も、目的もない弾除けにすぎない」と声を高めた。特に今回の動員令で徴集対象になった若い予備役男性が大勢デモに参加してデモ隊の規模が大きくなったという。

また、デモが同時多発的に発生する一方で「腕を折る方法」「徴兵を回避する方法」などに関する検索量がグーグルやロシア検索エンジン「ヤンデックス」で急増した。戦争が勃発する前も入隊を回避するためのわいろは盛んに行われたが、今後はもっと普通のことになると英国ガーディアンは予想した。

動員令の発表以降、ロシアでは市民の反発以外にも国外脱出ラッシュが続いている。モスクワからノービザに行けるトルコ(テュルキエ)、アルメニア、アゼルバイジャン行きの航空便が完売したとガーディアンは伝えた。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    「なぜプーチンのために死ぬ必要が?」…ロシア動員令に「腕を折る方法」検索が急増

    2022.09.22 10:13
    뉴스 메뉴 보기
    ウラジーミル・プーチン大統領
    TOP