주요 기사 바로가기

韓国前統一長官を召喚…「脱北漁民強制送還」初の上層部調査

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2022.09.21 07:46
0
「脱北漁民強制送還事件」を捜査中の検察が20日、金錬鉄(キム・ヨンチョル)元統一部長官(58)を召喚して調査した。この事件の被告発人のうち最初の長官級の調査であり、いわゆる「上層部」捜査が本格化したのだ。これを受け、共に告発された鄭義溶(チョン・ウィヨン)元青瓦台(チョンワデ、韓国大統領府)国家安保室長、徐薫(ソ・フン)元国家情報院長らも召喚も迫っているとみられる。

ソウル中央地検公共捜査3部はこの日午後、金元長官を被告発人の身分で呼んで調べている。金元長官は2019年11月に脱北漁民を北朝鮮に送還した当時の統一部トップで、強制送還の意思決定に関与した疑いがある。

金元長官は10人余りの強制送還事件の被告発人のうち初めて召喚された長官級だ。検察は前日の金有根(キム・ユグン)元青瓦台国家安保室第1次長に続き、この日午前には金峻煥(キム・ジュンファン)元国家情報院第3次長を呼んで調査した。先月は徐虎(ソ・ホ)元統一部次官に対する調査を終えた。

これを受け、鄭義溶前室長、徐薫元国家情報院長に対する召喚調査も秒読みに入ったという分析だ。捜査状況によって早ければ今月末になるという見方もある。18日から相次いで召喚された安保室第1次長と国家情報院第3次長の上層部が2人であり、残りの被告発人に対する調査も終えたからだ。

捜査チーム関係者は「捜査進行ペースは速い方」とし「家宅捜索の結果でも有意味な資料がある」と話した。検察は文在寅(ムン・ジェイン)政権の青瓦台の対北朝鮮ラインと国家情報院が脱北漁民2人の亡命意思を無視して強制的に北朝鮮に送還したとみている。

検察関係者は「憲法には国民の基本権を制限または侵害するには国家の安全保障、公共福利、秩序維持など正当な目的があり、法律に基づかなければいけない」とし「国家が国民(脱北民)を北に送還する根拠になる法律はないと把握している」と述べた。

これに対し鄭元室長は7月の立場を表明し、「彼らは(同僚船員16人を殺害した)猟奇的殺人魔」とし「我々の国民の生命を保護して安全を守るためだった」と明らかにした。徐元院長も「当時、原則に背かず最善を尽くして措置を取った」とし「正確な事実関係がそのまま明らかになることを願う」と述べた。



関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    韓国前統一長官を召喚…「脱北漁民強制送還」初の上層部調査

    2022.09.21 07:46
    뉴스 메뉴 보기
    2019年11月15日、国会外交統一委員会全体会議で脱北者追放関連の質問に答える当時の金錬鉄(キム・ヨンチョル)統一部長官 イム・ヒョンドン記者
    TOP