주요 기사 바로가기

歌手兼俳優パク・ユチョン、引退を覆して5年ぶりに映画復帰

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2022.09.15 07:35
0
麻薬使用で執行猶予を言い渡された歌手兼俳優パク・ユチョンが5年ぶりに映画で復帰する。

配給会社ブルーフィルムワークスは14日、パク・ユチョンが来月映画『On The Edge』を公開すると明らかにした。

『On The Edge』は一瞬にして全てを失った男性テホン(パク・ユチョン扮)と失うものがない女性ホンダン(イ・ジンリ扮)が奈落でお互いに向き合う話を描いたメロ映画だ。映画『境界人』(2020)、『トゥーランドット闇の王国』(2022)のキム・シウ監督がメガホンを握った。

パク・ユチョンは2019年、ヒロポン使用の疑いで拘束起訴され、懲役10カ月、執行猶予2年を言い渡された。

パク・ユチョンは起訴される前に開かれた記者会見で疑惑を強く否認し「私の疑惑が認められるなら、これは芸能人パク・ユチョンとして活動を中断し引退する問題を越え、私の人生のすべてが否定されること」とし芸能界引退を宣言した。

しかし、パク・ユチョンは1年ぶりにこれを覆して復帰した。パク・ユチョンは2020年5月、あるバラエティ番組に出演し「大衆に一度は本当に申し訳ないと謝罪、または許しを請う時間を持ちたかった」として番組に出演した理由を明らかにした。

当時、パク・ユチョンは「結論的には私の過ちであり、認める。『あの当時、私が認めて率直に申し上げたら本当に良かったのに』と思ったりする」として「その部分を最も後悔し、弁解の余地がない」と頭を下げた。

復帰に反対する世論に対しては「当然私が耐えるべき部分」とし「非難世論を回すには、どれほど時間がかかるか分からない。時間がいくら経っても戻ってくるか分からない。(許してほしいということは)恥知らずだと思う」と涙を流した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    歌手兼俳優パク・ユチョン、引退を覆して5年ぶりに映画復帰

    2022.09.15 07:35
    뉴스 메뉴 보기
    パク・ユチョン
    TOP