주요 기사 바로가기

韓国株式市場、「ナスダックショック」直撃弾

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2022.09.14 13:12
0
「ニューヨーク株式市場ショック」を受け、14日の韓国株式市場も2%台の下落で取引を開始した。この日、KOSPI(韓国総合株価指数)は2.41%値下がりした2390.47でスタートした。KOSPIは一時2380台まで下がり、秋夕(チュソク、中秋)連休後の上昇分はほぼ消えた。KOSDAQも2.62%下落の775.93で始まった。

13日(現地時間)のニューヨーク株式市場は2年ぶりの大幅下落となった。米労働省がニューヨーク株式市場の取引開始を1時間後に控えて発表した8月の消費者物価指数(CPI)上昇率(前年同月比)が8.3%と、市場の予測値を上回ったからだ。この日、ナスダックは5.16%、ダウ平均は3.94%、S&P500は4.32%下落した。これは新型コロナ拡大で悲観的な経済見通しが多かった2020年6月11日以来の最大下落幅。当時、ナスダックは5.27%、ダウ平均は6.90%、S&P500は5.89%下落した。

グローバル金融市場が衝撃を受け、韓国ウォンは1ドル=1390ウォン台まで値下がりし、13年5カ月ぶりの安値になった。ソウル外国為替市場で韓国ウォンは前日比19.4ウォン値下がりした1ドル=1393ウォンで取引が始まった。

 
KOSPI代表株のサムスン電子は午前10時10分現在2.41%下落の5万6700ウォン、SKハイニックスは2.74%下落の9万2200ウォン。サムスン電子とSKハイニックスは一時3%台の下落となった。

国内を代表する成長株のネイバーとカカオの株価も大幅に落ちた。同じ時間、ネイバーは4.61%下落の22万7500ウォン、カカオは3.86%下落の6万7400ウォン。ネイバーはこの日、22万6000ウォン台まで下落し、52週安値を更新した。

KOSPI取引上位1位銘柄はKODEX先物インバース2X。KOSPI200銘柄の下落に倍でベッティングする銘柄だ。KODEX KOSDAQ150先物インバース、KODEXインバースがKOSPI取引上位3位に入った。

サムスン証券のソ・ジョンフン研究員は「物価がピークを通過するという期待が強く反映されてしばらく反騰があったが、CPIが予想以上に高かったため関連の期待が一時後退した」とし「市場の失望が強まり、緊縮の強度が今よりも強まるという懸念が反映された」と話した。

ハナ証券のハン・ジェヒョク研究員は「米国株式市場は物価ピークアウト(物価ピーク通過)の期待感から4日間値上がりしたが、その上昇分がすべて消え、韓国は秋夕連休後の上昇分が消える状況」とし「来週の連邦公開市場委員会(FOMC)で方向性が出るまではリスク管理をする必要がある」と述べた。

関連記事

 

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP