주요 기사 바로가기

韓国ドラマ、「74年エミー賞」の型を破った(2)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2022.09.14 08:47
0
俳優オ・ヨンスと俳優パク・ヘスも非英語圏俳優としては初めて助演男優賞にノミネートされたが、受賞には失敗した。女優チョン・ホヨンが候補だった助演女優賞はネットフリックスドラマ『オザークへようこそ』のジュリア・ガーナーが受賞した。

エミー賞は音楽界グラミー賞、映画界オスカー賞、公演界トニー賞とともに米国の4大エンターテインメント賞に挙げられる。4つ以上の頭文字をまとめて「EGOT」とも称する。エミー賞は全米テレビ芸術科学アカデミー(ATAS)が1949年に制定した。「エミー(Emmy)」という名称は、テレビの重要部品である撮像管の別称「イミー(Immy)」に着目した。時代の変化によりテレビ番組だけでなく『イカゲーム』のようにOTT作品なども対象になった。エミー賞は米国以外地域の番組は候補になれないが『イカゲーム』は米国ネットフリックスが投資して可能だった。

強力なライバル作はHBOドラマ『メディア王~華麗なる一族~(Succession)』シーズン3だった。「相続」という意味の『メディア王~華麗なる一族~』はメディア財閥家の権力争いを描いたドラマだ。2018年シーズン1で評壇の絶賛を受け、2020年シーズン2はエミー賞脚本賞・監督賞・主演男優賞などを総なめした。今年も最多の25部門にノミネートされたが、作品賞・脚本賞・助演男優賞など4冠を占めた。HBO『ホワイト・ロータス』は最多の10個のトロフィーを獲得した。 

授賞式後の記者会見でイ・ジョンジェは「非英語圏演技でどのように主演賞を受けることができるかと多く質問するが、演技者は必ずしも言葉だけで表現するのではなく、色々な方法で行い、今回の受賞でそれが証明されたと答えた」として「メッセージとテーマを多くの人と共感することが重要だが、『イカゲーム』が多くの部分でそれを成し遂げた」と話した。ファン監督は「作品賞が少し残念だ。シーズン2で戻ってくるので待ってほしい」とし、「今第6話の執筆を終えた。半分ぐらい来た。シーズン1と最も違うのはソン・ギフンのキャラクターだ。 これ以上負け組ではない」と耳打ちした。

韓国ドラマ、「74年エミー賞」の型を破った(1)

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    韓国ドラマ、「74年エミー賞」の型を破った(2)

    2022.09.14 08:47
    뉴스 메뉴 보기
    『イカゲーム』 [写真 ネットフリックス]
    TOP