주요 기사 바로가기

韓米「外交通じた非核化に変化ない」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2022.09.13 07:45
0
米ホワイトハウスは北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長が8日の最高人民会議での施政演説で「核放棄不可」の立場などを明らかにしたことに対し、外交を通じた非核化達成という政策に変化はないと明らかにした。

ジャンピエール米大統領報道官は9日、金委員長の演説に対する質問を受け「米国は同盟・パートナーと緊密に協力しながら北朝鮮の脅威に対応するのに集中し続けている。韓半島(朝鮮半島)の完全な非核化という共通の目標を進展させるという政策も変化はない」と明らかにした。続けて「われわれは北朝鮮に敵対的意図がない点を明確にした。われわれは外交的解決を持続して追求しており、条件なく会う準備ができているが、北朝鮮は依然として応じずにいる」と話した。

韓国政府も同様の立場を取った。外交部当局者はこの日「北朝鮮の核脅威を抑制し、核開発は断念させ、対話と外交を通じて非核化を推進していくという総体的なアプローチを揺らぐことなく取っていくだろう」と明らかにした。彼は「韓半島の持続可能な平和に向け北朝鮮が核使用の威嚇を中断しわれわれの側が提案した『大胆な構想』に早く呼応してくるよう促す」と話した。

国連のグテーレス事務総長は9日、「安保ドクトリンで核兵器の役割と重要性を増やすということは核の危険を減らしなくすための国際社会の数十年の努力に反対するものであり、これを深く懸念する」と論評したと国連のドゥジャリク報道官が伝えた。中国外交部の毛寧報道官は9日「われわれはこの便りを細心に注意している。韓半島問題に対する立場には変化がなく政治的解決を推進するために努力したい」と明らかにした。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    韓米「外交通じた非核化に変化ない」

    2022.09.13 07:45
    뉴스 메뉴 보기
    尹錫悦大統領とバイデン米大統領は5月の韓米首脳会談を通じて韓米合同演習の範囲と規模を拡大することにした。[写真 大統領室写真記者団]
    TOP