주요 기사 바로가기

ヒョンデのワールドラリーチーム、WRC第10戦ギリシャで1-3位席巻

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2022.09.12 16:16
0
ヒョンデ(現代自動車)が8-11日(現地時間)にギリシャ・アクロポリスで開催された「2022世界ラリー選手権(WRC)」第10戦で、現代ワールドラリーチーム参加選手全員が1-3位を占める「トリプルポディウム」を達成したと12日、明らかにした。

現代ワールドラリーチーム所属のティエリ・ヌビルはレース中、一度も逆転を許さず決勝ラインを最初に通過した。「i20 N Rally1」で出場したティエリはチームに4度目の優勝カップをもたらした。

チームメートのオット・タナクは今季、イタリア、フィンランド、ベルギーラリーでの優勝した勢いを維持してギリシャで2位に入り、ドライバー総合ランキング2位を守った。ダニー・ソルドも安定した走行で3位に入った。

WRCは国際自動車連盟(FIA)が主管する世界最上級モータースポーツ大会。舗装道路から非舗装道路、雪道までさまざまな環境で行われる年間レースの結果に基づき、マニュファクチャラーおよびドライバー部門のチャンピオンを決める。

ヒョンデはi20の1.6リットル4気筒エンジンに100キロワット級電動モーターを搭載した「i20 N Rally1」で参加している。



関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    ヒョンデのワールドラリーチーム、WRC第10戦ギリシャで1-3位席巻

    2022.09.12 16:16
    뉴스 메뉴 보기
    WRC第10戦ギリシャで1-3位を占めたヒョンデ(現代自動車)ワールドラリーチーム 写真=ヒョンデ
    TOP