주요 기사 바로가기

<台風11号>わずかの差で命を失った妻…夫は駐車場の前で切なく手を振った=韓国

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2022.09.08 10:08
0
慶尚北道浦項(キョンサンブクド・ポハン)のマンション地下駐車場浸水事故で母親(54)を亡くしたAさん(32)は7日、「事故現場にいた父親(58)が妻を救えなかったという罪悪感で自責している」と語った。Aさんの父親が言った場所は6日、台風11号の余波で浸水した浦項南区(ナムグ)のあるマンションの地下駐車場入口だ。

事故当時、Aさんの母親は「地下駐車場にある車を移動してほしい」という案内放送を聞いて駆け付けたが、被害に遭った。妻が外に出た後、台風が尋常でないと思ったAさんの父親は直ちについて行ったが、すでに妻は駐車場に入った後だった。

Aさんは「地下駐車場の入口に水が入りすぎて。流れが強すぎて、(母親が)他の出口も見つからず、流されたようだ」と話した。「父親は入口側からずっと出てこいと切なく手を振ったそうです」として「その時、父親が近くにいながらも守れなかったと自責している」と心配した。

Aさんの父親は事故以降、マンションの地下駐車場入口を眺める度に「思い出してつらい」という。Aさんは「浦項は浸水被害があまりない地域だ。このようなことが起きるとは誰も思いもしなかっただろう」として「父が苦しまないでほしい」と話した。

Aさんは普段、ちゃんとした親孝行ができなかったという罪悪感を感じている。また「仁川に住んでいて、これまでよく母に会いに来なかったのが申し訳ない」として「もっと良くしてあげたかったのに待ってくださらないですね」と話した。「いつも私に『私が守ってあげる』と言ってくれた心強い支えだったが…」として喪屋に用意された遺影写真を眺めている。

6日、台風11号の余波で慶北浦項南区のあるっマンションの1・2団地の地下駐車場2カ所が浸水した。消防・軍・海洋警察は合同捜索を通じてここで9人を発見したが、2人だけが生存して残りの7人が死亡した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    <台風11号>わずかの差で命を失った妻…夫は駐車場の前で切なく手を振った=韓国

    2022.09.08 10:08
    뉴스 메뉴 보기
    同日午後、海兵隊特殊捜索隊隊員が行方不明者の捜索作業を始めている。[写真 慶北消防本部]
    TOP